NEWS
2019年02月02日 23時24分 JST | 更新 2019年02月02日 23時24分 JST

サッカー日本代表、アジアカップ決勝後のロッカーに「ありがとう」 公式Twitterから拍手が送られる

決勝には敗れたものの、アラビア語と日本語、英語でメッセージを残しました

AsianCup2019公式Twitterより
アジアカップ決勝には敗れたが、感謝のメッセージを残して去っていった日本代表

サッカーの「AFC アジアカップ UAE 2019」決勝戦に出場し、カタールに1-3で敗戦し、準優勝となった日本代表。AFC アジアカップは4年に一度開催され、日本代表が決勝戦に進出するのは2大会ぶりだった。

そんな日本代表のロッカールームに、注目が集まっている。キレイに片付いた部屋には、ホワイトボードに「ありがとう!」のほかに、アラビア語で「شكرا لك」英語で「Thank you!」と書かれていた。

アジアカップの公式Twitterアカウントが2月2日、写真と共に日本代表のロッカールームの使い方に拍手を送った。

「日本代表は、アジアカップ2019のロッカールームを一つの汚れもなく、『ありがとう』のメッセージを英語、アラビア語そして日本語で残して帰っていきました」

2日午後11時の時点で、このツイートは「いいね」が1万1000を超え、リプライ欄には日本代表とファンについて「負けたけれども、彼らはカタールにおめでとうと言っていた。尊敬します」という英語のコメントや、「カタール優勝おめでとう!」といった温かい日本語のコメントが続いた。

選手たちは悔しい心のうちを吐露

選手たちは、2大会ぶりの決勝戦に負けてしまったことに、悔しさをにじませ、思い思いのメッセージをつぶやいた。

DFの酒井宏樹選手は「悔しいのはもちろんですが皆さんの期待に応えられなかったことを非常に申し訳なく思います」とコメント。

同じくDFの長友佑都選手は、試合前に「アジア制覇することだけを考えて戦ってきた」と意気込みを見せていた。今回の結果に「スポーツの世界は残酷です」と気持ちを吐露していた。

日本代表は、サッカーのワールドカップ・ロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗戦したときも、スタッフがロッカールームを清掃し、入り口側の棚の上にロシア語で「スパシーバ(ありがとう)」 のメッセージを残したことで、世界各国から「ありがとうのメッセージは桁違いだ」「arigato」「真の勝者がいた」などの声が寄せられていた