アートとカルチャー

「副社長から社長へ、背景写真の変更を、早速報告させて頂きました」。株式会社TOKIOの公式Twitterに続き、国分太一さんのTwitterの背景画像も城島茂さんの“あの写真”となった。
「どれがいいかな?」と聞きつつも、「みんな、わかってるよね」と空気を読むようにファンの皆さんに促していました笑
「まだ7回しか行ってないので後3回は行きます!」などファンから熱いコメントが寄せられている。
作者のミカヅキユミさんは、「聴こえるお客さんと同じように会話を楽しんでもいいんだ」ということがうれしかったと言います。
4月13日(火)21時〜22時、ZOOMにて開催。記事下のリンクから、ぜひご応募ください。【締切:4月12日(月)正午】※募集を締め切りました
「どれがいいと思いますか?」と4枚の写真を投稿。国分さんが「みんな、よく考えて」と呼びかけるも、決まったのはあの人のお茶目な写真でした。
『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』に続き、日本を代表する特撮シリーズを手掛けることに。公開が楽しみです!!
30cm以上切ったといい、「バッサリいきました」とSNSで報告しました。
インティマシー・コーディネーターは、ヌードシーンやキスシーンを撮影する際に、俳優をサポートする専門家で、Netflixの作品などでも起用。撮影の強要などが問題になる中、その仕事に注目が集まっている。
『ハウルの動く城』の放送に合わせた特別企画。ジブリ公式アカウントから、鈴木敏夫さんが作品にまつわるたくさんの“秘話”を明かしました。