BLOG
2018年03月07日 14時43分 JST | 更新 2018年03月07日 14時44分 JST

もうすぐ春。香りも“衣替え”の季節です

春におすすめの香りを3つ紹介します。

香りも衣替えを。春におすすめのかろやかな香調3つ

春はもうすぐそこ。洋服を衣替えして、メイクも春らしいものに変えて......身にまとう香水も春らしいものにしたいですよね。暖かく過ごしやすい季節におすすめしたい香調3つを、アイテムと一緒に紹介します。

目次

● 春はトップノートが豊かでかろやかなものがおすすめ

1.新たなスタートにぴったり。フレッシュなグリーンノート

2.香りの王道。ふんわりやさしいフローラルノート

3.暖かい日差しを感じさせるシトラスノート

● 季節の変わり目、心身の揺らぎに効くティーツリー

香りを表現する「トップノート」や「フローラルノート」。この「ノート」は「香調」とも言われ、香りをタイプ別に分類するために使います。

香水や精油に含まれる何十~何百種類ものにおい成分は、揮発しやすい順に鼻に届き、私たちの嗅神経を刺激していきます。その順番で「トップ」「ミドル」「ベース」(ブランドや会社によって呼び方は多少異なります)と分類されます。また、香りの持続性もこの順番に長くなっていきます。

さらに、花の香りを再現したフローラルノート、東洋風のオリエンタルノートなど、香りの系統によっても分類できます。

香水も精油も、時間とともに香りの表情も強さも変わっていきます。刻々と変化する香りを一層楽しむために知っておきたいノート(香調)について詳しくお話しします。

春はトップノートが豊かでかろやかなものがおすすめ

新しい季節の始まり。日差しが暖かくなる春に向けて、洋服を衣替えして、メイクにも春色を取り入れて......そうしたら、香りもトップ~ミドルノートが華やかでかろやかなものに衣替えしてみましょう。

その中でもおすすめしたい香調3つを、チェックしていただきたいアイテムと併せて紹介します。

■1.新たなスタートにぴったり。フレッシュなグリーンノート

透明感とフレッシュさが魅力のグリーンノート。シス-3-へキセノールというにおい成分が代表的です。精油ではガルバナムやバイオレットリーフが挙げられます。どれも匂い立つ若葉を思わせる、生命感あふれる香りです。

グリーンノートの原型であり最高傑作は、なんといってもシャネルの「No.19」。それまでにない鋭くも温かみのあるリッチな香りで、発売時には一大センセーションを巻き起こしたと言われています。香りの軸となるのは、ガルバナムの深い森を思わせる香りです。

■2.香りの王道。ふんわりやさしいフローラルノート

香りの世界では、ローズ、ジャスミン、ミュゲ(スズラン)を"3大フローラル"と呼びます。必ずと言ってよいほど調合される重要な要素です。

どれも花の香り自体が古くから愛され、香料としても重宝されてきましたが、ミュゲだけは天然精油がほぼ取れません。それでも3大フローラルに入っているのはその魅力ゆえ。

フランスでは幸福を呼ぶ花として、5月1日に大切な人にスズランを贈る習慣があります。多くの人に愛されるミュゲの香りで、幸せを呼び込んでみるのはいかがでしょうか?

代表的な香りは、2006年から毎年5月1日に発表されているゲランの「ミュゲ」です。「ミュゲ」初代の発売は1908年で、現在は復刻版としてシリアルナンバー入りの限定ボトルで発売されています。

■3.暖かい日差しを感じさせるシトラスノート

リフレッシュ効果が高く、男女ともに好かれる香りです。精油でも香水でも取り入れやすいだけに、ちょっと個性的な香りを選ぶことをおすすめします。

シトラスノートが特徴的なブランドの代表はアクア ディ パルマ。マンダリン、レモン、ベルガモット、オレンジといったシトラスノートを自在に操るイタリアのブランドです。メンズ香水の印象が強いですが、女性用やユニセックスの香りも出しています。

アクア ディ パルマの「コロニア」はオードリー・ヘプバーンも愛用していたといわれています。また、男女で同じ香水を共有するシェア・フレグランスとしても人気です。

季節の変わり目、心身の揺らぎに効くティーツリー

春はすぐそこ......とはいえ、寒い日もまだまだありますよね。花粉症の季節でもあり、体調を崩しがち。そんなときは、春に白い可愛い花を咲かせる、ティーツリーの香りを取り入れてみてください。

抗菌・抗ウイルス効果などが認められ、古くから万能薬として使われてきました。ティーツリーの清涼感のある香りを楽しみながら、心と体をメンテナンスしましょう。

ティーツリーの精油が配合されたアイテムは意外と少ないです。ボディショップのティーツリーシリーズや私が自社で手掛けたスキンケアブランド、穂 mi.no.ri.(みのり)のクレンズミストプレミアムクリームなど、ご興味があればチェックしてみてください。

香りを上手く取り入れて、元気に心躍る春を迎えたいものですね。

この記事のライター

三宅 志穂

株式会社フォルテ 代表取締役、化粧品研究者、香り専門家。

中学・高校をスペインで過ごし、帰国後、東京大学・大学院にて化学を専攻。修士課程修了後、花王株式会社の香料開発部門で研究者として基盤研究から100億円ブランドの立ち上げまで幅広く携わる。数百種以上の香水と天然・合成香料を操る経験を積んだ後、世界最大手化粧品メーカーの日本ロレアル株式会社へ転職。応用研究、大学との共同研究、フランス勤務を経て独立。「美容と健康を通して、これからの日本を元気に!」をテーマに化粧品ブランド『ミノリ』を立ち上げ中。

(2018年3月7日DRESS「香りも衣替えを。春におすすめのかろやかな香調3つ」より転載)