BLOG
2018年06月29日 20時00分 JST | 更新 2018年06月29日 20時03分 JST

精神的モラトリアムに出口はないから、優しくしないで

価値ある人間じゃないと、人は一緒にいてくれない

愛されたいと思えば思うほど、周りの人に愛されていないと感じるのはなぜだろう。

触れたいと思えば思うほど、周りの人が自分を避けているように感じるのはなぜだろう。

なんで私と一緒にいるの

なんだかずっと憂いの中で生きてきた気がする。

「自分は愛されていない」とか、「人は皆、私を避けて生きてる」とか、そんなことばかりずっと思っていた。

夫婦関係だって、友人関係だって、「なんでこの人は私と一緒にいるんだろう」とずっと疑問を感じてる。

だから、旦那に「どうして私と一緒にいるの?」と聞いてしまう。

その度、旦那は困った顔をして「なんでやろな」と答える。

理由がなければ人は一緒にいてはいけないのか。

いや、そうじゃない。そうじゃないはず...

でも、私はどうしてもそれを求めてしまう。

理由がないと一緒にいる価値のない人間と思われるんじゃないか。

ずっとそう思って、ずっと生きてる。

誰かのためにできることを模索して、誰かのためになりそうなことを習得する。

何かができないと、何かしないと、何か、何か、何か...

えるあき

カラダがぱんぱんになる日々

学生時代は、本当に、苦痛だった。

年齢に縛られ、一つの箱に大人数の人間が幾何学的に並んでる。

人間関係の構築がうまくできなくて、放課後は呼び出されて「あんたと一緒にいたくないのにいてやってる」とせめられる。

もう開放してほしい。

お願いだから、ここから出してほしい。

そう、刹那に思えば思うほど「逃げちゃダメだ」と首に鎖を巻く。何重にも何重にも。

辛くて逃げたくてしていたリストカットだって、そこには何も意味はない、そこに何も価値がないことだってわかってた。

窮屈な人間関係、自分の居場所がない虚しさ、不安や絶望でいっぱいになった、パンパンになったカラダ。

「身体のなかが腐ってガスが溜まってる、抜かないと、爆発する」と刃物を片手に掴み、眠れない夜を過ごしてた。

「価値のある人間」になりたい

大学に入って、箱庭のような息苦しさから開放された。

それでも、「学生」という枠組みからは出られない。だから、はやく社会に出たかった、だって、はやく「価値のある人間」になりたかったから。

気づいたら、リストカットから脱していた。

それでも、抜け出せない部分もあった。

浮気されているのに気づきながらも「私は浮気されてもしかたがない」と黙って様子をみていたり、わざと友達に嫌われるようなことをしたりと、遠回しに自分を傷つけるような行動を繰り返していた。

えるあき

私はもっと頑張らなきゃいけないから

27歳になって「価値ある人間」になれたかなんてわからない。

でも、一緒にいてくれる友だちや大人にとって「価値ある人間」でなければならないという気持ちは年々強くなってる。

この人のために何ができるのか、この人が私に何を望んでいるのか、私の何をこの人は求めているのか。

たまに、息苦しさを感じる。

「いつまでこれを続けるんだろう」

「私は誰のために生きているんだろう」

私はもっと頑張らなきゃいけない。

まだ、これぐらいでへこたれちゃいけない。

えるあき

誰かにとって意味のある存在にならなきゃ...という強迫観念は、死ぬまでなくならない気がする。

死ぬまで、生きるのは辛い。そんな自分を慰められるのは自分だけ。

今はまだ、自分に優しくできていないけど、自分を上手に甘やかせるようにならないと。

それができたときに初めて、誰かに優しくできるんだと思う。


だから、今は優しくしないで。


いつかきっと、私は生きる痛みを和らげられるはずだから。