米104歳がスカイダイビングの世界最高齢記録を更新「年齢なんて、ただの数字」

100歳になってから初めてスカイダイビングに挑戦したドロシー・ホフナーさんが、世界最高齢記録を更新しました
タンデムスカイダイビングで世界最高齢記録を打ち立てたドロシー・ホフナーさん
タンデムスカイダイビングで世界最高齢記録を打ち立てたドロシー・ホフナーさん
Chicago Tribune via Getty Images

年齢なんて、ただの数字です――。

アメリカ・イリノイ州シカゴ在住で104歳のドロシー・ホフナーさんが10月1日、インストラクターと一緒に飛ぶタンデムスカイダイビングを成功させ、世界最高齢記録を塗り替えた。

シカゴトリビューンのジェイク・シェリダン記者が投稿した動画には、抜けるような青空のもと、ホフナーさんがインストラクターと一緒に飛行機から飛び降りて無事に着地する様子が映っている。

ホフナーさんは着地後に記者らに感想を聞かれ「すべてが楽しく、素晴らしかった」と振り返っている

また、世界最高齢記録を更新した感想について「歳をとったなと思います」 と述べた一方で、伝えたいメッセージとして「年齢なんて、ただの数です」と語った。

ギネス世界記録によると、これまでの最高齢記録はスウェーデン在住のルーツ・ラーションさんが2022年に打ち立てた103歳だった

着地したドロシー・ホフナーさん
着地したドロシー・ホフナーさん
Chicago Tribune via Getty Images

ニューズウィークによると、ホフナーさんは100歳の誕生日の記念に、初めてスカイダイビング挑戦した。

この最初のスカイダイビングの感想を「まったく恐ろしくありません。パラシュートがついているのでとてもスムーズです」と語っている。

「美しい風景を見るのは素晴らしかったです。足元には素晴らしい土地が広がっていて、フォックス川の幅は、わずか数インチでした」

100歳になってから2度目のジャンプを成功させたホフナーさんは、3度目もやりたいと意欲をみせている