62歳で司法試験に一発合格。「年齢なんてただの数字」と希望を与える【フィリピン】

「人生、いつ挑戦しても遅くないんだって分かった」フィリピンで、62歳にして司法試験に合格した女性が話題になっています。

62歳でフィリピンの司法試験に合格したロスラ・カラカラさんが話題になっています。

「人生、いつ挑戦しても遅くないんだって分かった」「年齢なんて本当に、ただの数字だね!」

カラカラさんの合格のニュースを受け、フィリピンでは大きな反響が巻き起こっています。

(写真:司法試験合格を受けて、泣いて喜ぶカラカラさん)

弁護士不足の地元「本当に困っている人たちの助けになりたい」

最高裁判所で12月5日にあった司法試験の合格発表には、母親であるカラカラさんに娘や息子たちが付き添いました。

カラカラさんは、発表された合格者一覧の中に自分の名前を見つけ、家族と抱き合い号泣。

現地英字紙インクワイアラーの取材にカラカラさんは、涙ながらにこう語りました。

「合格できて本当に本当に嬉しいです。もう子どもたちも大きくなり、手がかからなくなったので、58歳から4年間、働きながら法科大学院に通いました」

司法試験の受験は初めてで、一発合格だったといいます。

世界銀行によると、2021年時点でのフィリピンの平均寿命は男性が67歳、女性が71歳。

SNSでは、「私も夢を諦めずに何歳になってもがんばりたい」「本当にすごい!年齢は関係ないと証明してくれた」との声が上がっています。

フィリピン最高裁によると、今回の司法試験は1万387人が受験し、合格率は36.7%でした。

フィリピンのルソン島北東部に位置するイサベラ州ジョーンズで会計士として働くカラカラさん。

弁護士を志したきっかけについて、オンラインメディア・ラップラーの取材にこう語っています。

「法科大学院に通う親戚に『子どもたちを法科大学院に通わせたらいいのに』と提案されました。聞いてみたけれど、誰もやりたがからなかったので自分が行くことにしました」

また、合格に際しては「私の地元は地方なので、弁護士が不足しています。弁護士として、本当に困っている人たちのために働きたい」と意気込みを語りました。