WORLD
2019年05月22日 17時15分 JST

ボーイング社に中国「3大航空会社」が損害賠償請求。「737 MAX」の相次ぐ死亡事故で運航停止になっていた

東方航空が賠償請求したのを明らかにしたのに対し、他の2社も続いた形だ。

中国の「3大航空会社」が5月22日までに、相次いでアメリカのボーイング社に対し損害賠償請求を起こしたことが分かった。中国の国営テレビ「CCTV」などが報じた。

AFP=時事
エチオピアの事故で墜落した残骸(2019年3月)

訴訟を起こしたのは「中国東方航空」「中国国際航空」「中国南方航空」の3社。ボーイング社の「737 MAX」の関係する一連の事故の影響で同機を所有する3社に損害が発生したとしている。

東方航空が5月21日、賠償請求を行ったことを明らかにしたのに対し、国際航空と南方航空が続いた形だ。

「737 MAX」をめぐっては、2018年10月にインドネシアで墜落事故を起こし、乗員・乗客の189人が死亡していた

さらに2019年3月には、エチオピアの首都、アディスアベバ郊外でエチオピア航空が運航する同型機が墜落し、乗員・乗客157人全員が死亡した。中国当局は一連の事故を受けて、国内の航空会社に当該機の商業運航を停止するよう命令していた

現地メディア「中国経済週刊」によると、3社はいずれも、この影響で飛行機が予定通りに運航できなかったり、購入した「737 MAX」が納期までに引き渡されなかったりしたなどとしている。

中国はボーイングの「お得意様」で、中国の会社は「737 MAX」を96機所有していて、今回請求を行った3社だけで半数以上を占めるという。