tsuiraku

民間サイト「フライトレーダー24」によると、離陸してからおよそ1時間後に高さ約9000メートルから急降下したとみられる
中国東方航空のボーイング737型機で、雲南省の昆明から広東省の広州市へ向かう途中だったという。
9日午後9時45分過ぎに海上で浮遊物を確認。回収した破片を調査した結果、F35Aのものだと分かった。
過去の事故を分析して見えてきた、飛行機でより安全な席とは……。
アブルガジエフ副首相は、「操縦ミス」との見方を示した。