TOKYO 2020
2021年08月04日 17時25分 JST

「水泳なんてムダ」と言い放った高校教師に、カナダのメダリストが強烈な皮肉【東京オリンピック】

カナダの最多オリンピックメダル獲得アスリートになった今、ある高校教師に伝えたいことがあった

Sergei Bobylev via Getty Images
女子200m自由形で銅メダルを獲得したオレクシアク選手(2021年7月28日)

あなたのおかげで夢が叶った。

東京オリンピック・競泳種目で3つのメダルを取ったカナダのペニー・オレクシアク選手が、皮肉たっぷりの感謝をSNSに投稿した。

東京オリンピック競泳の女子4×100mフリーリレーで銀メダル、女子200m自由形と女子4×100mメドレーリレーでそれぞれ銅メダルを獲得したオレクシアク選手。

“感謝”を伝えたのは、高校時代の先生だ。

「たった今、『カナダで最もメダルを獲得したオリンピアン』を調べたら、私の名前が出てきました。高校時代、水泳などやめて勉強に集中しろ、水泳なんてムダだと言った先生に感謝したい。おかげで夢が叶いました」と8月4日にツイートした。

続く投稿で、オレクシアク選手は前のツイートが「先生全般について触れたものではない」ことを説明。

さらに自分の姉妹は素晴らしい教師だと述べた上で「私の場合も、ほとんどの先生は夢を応援してくれました。だけど、何度も夢を諦めさせようとしたあの先生は、史上最悪でした」と忘れられない過去の体験を明かした。

オレクシアク選手は2016年のリオ大会では、金を含む4つのメダルを獲得。東京大会で3つのメダルを手にして、カナダで最も多くのオリンピックメダルを獲得したアスリートになった。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。