WORLD
2020年08月24日 11時10分 JST | 更新 2020年08月24日 11時26分 JST

肉好きの猫、近所のレストランでこっそり外食→手紙で告げ口され飼い主にバレる

バレないと思ってたんだけどにゃ〜

遊びに出かけた猫が外で何をしているか、飼い主はほとんど知らない。

だからよその家でこっそり食事していても、大抵はバレないだろう。

しかしサイベリアンのトゥーラは、例外だったようだ。

イギリス・スウィンドンで、小学校教師のコール・クラークさんに飼われているトゥーラ。外食がバレたきっかけは、一通の手紙だった。

クラークさんはハフポストUK版に、8月のある週末にトゥーラが首に何かつけて帰ってきたことに気づいた、と話す。

首についていたのは紙で、外してみると8月16日付のメッセージが綴られていた。       

「どなたかこの猫ちゃんを飼っていますか?」。さらに裏側にはこう書かれていた。「この猫ちゃんは、いつもトビー・カーベリーにやって来ます」

トビー・カーベリーとは、近所にあるレストランのこと。メッセージを見つけた時、クラークさんは笑いが止まらなかったという。

手紙を読んだ後、クラークさんはレストランに出向いて、トゥーラの飼い主であることを伝えた。

レストランの従業員によると、トゥーラは毎日レストランにやってきて数時間過ごし、従業員やお客さんに食べ物をねだっていた。

しかも新型コロナウイルスによる自宅待機が解除された後に、来るようになったという。

そして従業員たちと話したクラークさんがレストランを出て目にしたものは…。

「外のテーブルのそばにトゥーラがいました」とクラークさんは笑いながら振り返る。

トゥーラの外食を知った後、クラークさんは地元コミュニティのFacebookグループに、手紙とトゥーラの写真とお礼のメッセージを投稿した。

「トゥーラは同情を引いて肉をもらおうとしたんだと思います!」

「トゥーラにはちゃんと家があります。毎晩私たちと一緒にいます。トビーのお客さんや従業員の皆さん、トゥーラを可愛がってくれてありがとうございます!」

クラークさんによるとトゥーラはハムや鳥肉が大好物で、「台所で冷蔵庫を開けるとニャーと鳴きながらやってきて、ハムを切望する」という。

首につけてきた手紙で外食がバレたトゥーラだが、実は外食は今回が初めてではない。

デッドラインニュースによると、トゥーラは以前に地元の高齢者ホームを訪れて、居住者たちからサンドイッチのパテをもらっていたという。

ハフポストUK版の記事を翻訳しました。