新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2021年02月09日 18時54分 JST | 更新 2021年02月10日 11時07分 JST

約100年前の「日常」は2021年と同じだった。スペイン風邪の流行で、マスク姿の女学生たち【カラー化写真】

投稿した渡邉英徳氏は「2021年の私たちの『日常』に対して、100年後の人々が抱く印象を知りたいです」と綴っている。

Twitter/hwtnv
マスクを着用して通学する日本の女学生たち。1920年初め頃に撮影された写真をカラー化(渡邉教授のツイートより)

新型コロナの感染拡大でマスクが手放せない日々が続いているが、約100年前にも全く同じような光景が世界中で見られていた。約100年前にマスクを着用して通学していた日本の女学生たちの写真がカラー化され、「歴史は繰り返す」とSNSで話題になっている。

この写真は、東京大学大学院の渡邉英徳(わたなべ・ひでのり)教授が2月8日にTwitterに投稿したものだ。

1918年ごろからA型インフルエンザ「スペイン風邪」が世界的に猛威を奮った。ブリタニカ国際大百科事典は、全世界で推定2500万人が亡くなったと記載している。渡邉教授の写真の元になった白黒写真は、日本に第3波が到来していた1920年初め頃に撮影されたものとみられる。

渡邉教授はカラー化写真に添えて「2021年の私たちの『日常』に対して、100年後の人々が抱く印象を知りたいです」と綴っている。

 

■渡邉教授のツイート