LIFE

必ず知っておきたい「性的同意」の話。紅茶におきかえた動画を見てみよう

「相手が紅茶を要りませんと答えたなら、紅茶をいれるのをやめてください」
Thames Valley Police YouTubeより
Thames Valley Police YouTubeより

伊藤詩織さんの民事裁判など、性犯罪をめぐる裁判で争点になることが多い「性的同意」。相手が、性行為に同意しているか、していないのか。どう判断すればいいのでしょうか?

ここに、「紅茶」にたとえて性的同意をわかりやすく伝える動画があります。

「相手が要らないと答えたなら、紅茶をいれるのをやめてください」。イギリスの警察が公開した動画に、デザイナーのMina(@mlookslike_)さんが字幕をつけ、2017年にTwitterで紹介しました。

「同意」という概念が難しいようでしたら、セックスを紅茶に置き換えて考えてみましょう。

あなたは誰かに紅茶をいれることにしました。

「紅茶はいかが?」とあなたが尋ねたとき、「飲みたかったんだ!ありがとう、ぜひ!」と答えたら、相手も紅茶が飲みたいことがわかりますね。

もしも「紅茶はいかが?」とあなたが尋ねたとき、「う〜ん...どうしようかな...」と答えた場合、あなたは紅茶をいれてもいれなくても構いません。

しかし、仮にいれたとしても相手が飲むとは限りませんよね。

もし相手がそれを飲もうとしなかったら、ここが重要です。

相手に無理やり飲ませない。

あなたがわざわざ紅茶をいれてあげたとしても、相手がそれを飲まなければならない義務はないのです。

相手が「要りません」と答えたなら、紅茶をいれるのをやめてください。

少しも要りません。ただ、やめてください。

このように、わかりやすく、セックスにおける「同意」の話が伝えられています。

動画では、「意識を失っている人に対して無理やり紅茶を飲ませてはいけない」ことにも言及しています。

そして、「ほしくない人に紅茶を飲ませることがどれほど完全に馬鹿げたことか理解できて、相手が紅茶を飲みたくないことも理解できるのならば、セックスも同じです。紅茶もセックスも、Consent(同意・承諾・納得)が全てなのです」と締めくくられます。

「同意のないセックスはレイプ」と定義 イギリスの警察が制作

毎日新聞によると、この動画は、イギリスのテムズバレー警察署が2015年に公開しました。

元の動画はYouTubeにも投稿されています。

「Consent is Everything(同意がすべて)」と題したキャンペーンの一環で、他にも「同意のないセックスはレイプです」などと書かれたポスターも制作されました。

イギリスでは、同意のない「不同意性交」をレイプと定義しており、刑事罰の対象としています。

性犯罪に詳しい村田智子弁護士は、早稲田ウィークリーのインタビューに対し、「(イギリスでは)加害者が『被害者に合意があったと信じていた』と主張した場合でも、信じていたことに合理的な理由があることが必要とされています」と答えています。

日本の現行法では、同意のない性交だったとしても、それだけでは処罰の対象とされません。

強制性交罪(旧強姦罪)が成立するには、「被害者の反抗を著しく困難にする程度の暴行や脅迫」が加えられることが条件となっています。性犯罪の支援者団体などは、その暴行・脅迫要件が被害者にとって高いハードルになっているとして、刑法改正を求める声を高めています

(Copyright ©︎2015 RockStarDinosaurPiratePrincess and Blue Seat Studios.)