WORLD
2020年01月03日 13時00分 JST | 更新 2020年01月04日 12時07分 JST

新年カウントダウンもドローンの時代?2020機が織りなす夜空のアート(動画)

ドローンを用いた演出はシンガポールでも行われ、海外を中心に広がりを見せている。

大勢でカウントダウンしながら新年を迎え、夜空にドローンの花火が舞い上がる...そんな年越しのあり方が海外で広がりを見せつつある。

中国・上海で行われた、2020機のドローンを活用したカウントダウンイベントの様子が注目を集めている。

中国メディアによると、年越しイベントが開催されたのは中国・上海の黄浦(ファンプー)区。ドローンを用いた演出は上海のメディアが担当し、年越しを前に2020機が飛び立った。

ドローンは色鮮やかに発光しながら地球やドラゴンを形作ると、巨人の姿に変形。空中をゆっくりと走る様を描いた。国営放送CCTVによると、これまでの上海市の発展をイメージした演出だという。

そして、新年が近づくと10、9、8、7...と夜空に数字を描き、2020年に突入すると「2020」の文字と、その周りにあがる花火も再現した。中国では春節(旧正月)が新年となるため、今後、より盛大なイベントが開催される可能性もある。

ドローンを用いた演出はシンガポールのカウントダウンイベントでも行われ、海外を中心に広がりを見せている。日本では国や自治体が規制を設けておりこうした演出がどの程度広がるかは不透明だが、伝統の花火と最新のドローン技術を組み合わせたカウントダウンが、当たり前になる日がやってくるかもしれない。

また、上海のドローン演出について、CCTV新華社は実施日について「12月31日」「2019年最後の晩」と明記しているが、「見えなかった」と映像が本物か疑う声も上がっている。12月29日には「試験飛行」というリハーサル時と思われる映像がウェイボーに投稿されており、「31日には実際には行われなかったのではないか」と疑問視する声もある。

【UPDATE 01/03 17:30】
ウェイボーの反応について追記しました。ハフポスト日本版では、今後の動向を注視します。

【UPDATE 01/03 21:00】
BBCは1月3日夜、この映像の撮影に携わった会社に確認した結果、CCTVなどが報じた映像は、大晦日ではなく事前に収録されたものだったことがわかったと報じた。

開催したテレビ局やドローン会社も事前に録画されたものであることを認めた。