NEWS
2019年05月22日 11時58分 JST | 更新 2019年05月22日 12時19分 JST

2億円超のフェラーリを試乗⇒乗り逃げ 元F1ドライバーが過去に所有した限定モデル

盗まれたフェラーリは後日ガレージで見つかったが、容疑者はまだ捕まっていない。

DIETER STANIEK via Getty Images
盗まれたフェラーリ「288 GTO」

ドイツのデュッセルドルフで、2億円を超えるフェラーリが試乗中に盗まれる事件が起きた。

CNNによると、盗まれたのは限定モデル「288 GTO」で、市場価値は200万ユーロ(2億4600万円相当)以上。1985年に登録され、世界で272台しか生産されていない。

容疑者の男は、購入希望者を装ってカーディーラーに連絡し、試乗の許可を得た。

BBCなどによると、男は5月13日に試乗した際に、運転を代わろうと販売業者が車を降りた途端に急発進させ、その場から走り去った。

地元警察が目撃情報を呼びかけたところ、持ち去られたフェラーリは14日、現場近くのグレーベンブローホのガレージで発見されたという。

男は捕まっておらず、警察が写真を公開し、行方を追っている。

盗まれたフェラーリは、アイルランド出身の元F1ドライバー、エディ・アーバイン氏が1996〜99年に所有していた。

オークションハウス「サザビー」の広報担当者は、CNNの取材に対して「著名な絵画のように、ほとんどの人がすぐ見分けがつく車なので、売ろうとしていたとしても難しかっただろう」と話している