「保毛尾田保毛男」批判に、フジ・宮内社長が謝罪

「とんねるずのみなさんのおかげでした」30周年スペシャルに登場
|
とんねるずのみなさんのおかげでした/フジテレビ

フジテレビ宮内正喜社長が9月29日、定例会見を行い、28日夜に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」30周年スペシャルで石橋貴明が扮するするキャラクター「保毛尾田保毛男」に視聴者から批判が次いだことに「大変遺憾なこと。謝罪をしないといけない」と謝罪した。NHKニュースなどが報じた。

番組では、かつて人気だった青ひげにピンク色のほおの「保毛尾田保毛男」(ほもおだ ほもお)というキャラクターを復活させ、同性愛をネタに、共演者とやり取りをするシーンを放送した。

「保毛尾田保毛男」は番組初期のキャラクターで、ゲイと見られる男性をホモと表現し、同性愛者を揶揄しているとされる。

たけし「お前ら外国いったら死刑だぞ」「小学校の時こういう親父が公園で待ってた」

木梨「ホモなんでしょ?」

石橋「ホモじゃないの、あくまでも噂なの」

保毛田保毛男の鉄板のネタらしいけど、こうも露骨に「ホモ」という言葉や気持ち悪い的な表現をテレビで放映できるのすごいな。信じられない。 pic.twitter.com/Uw34h2JsrT

— 松岡宗嗣 (@ssimtok) 2017年9月28日

ネット上では、当事者らから「(当時)このキャラクターの話題になるたび、顔では笑いながら心の中ではホモであることが周りにバレたらどうしようと震えていた」「当時も全然笑えなかった。言ったらいじめられると思っていた」などの声が上がっていた。

これに対して、LGBTの関連団体などが「『ホモ』という単語は男性同性愛者に対する蔑称であるとともに、その存在⾃体を嘲笑の対象として表現することは、今なお⽇本社会に残る性的少数者への差別や偏⾒を助⻑する」などと声明を発表し、謝罪を求めていた。

抗議を受けたフジテレビの宮内社長は、記者会見で「これは30週年スペシャルで、30年間で作り出してきた色々なキャラクターで展開をしたわけですが、もしその時代が違っていて、不快な面をお持ちになった方がいたことは、テレビ局としては大変遺憾なこと。謝罪をしないといけない」と述べ、陳謝した