ハフコレ編集部

災害時に活躍する「ポータブル電源」。購入は今がおすすめ【楽天ブラックフライデー】

値段は張るけど、この1台で得られる安心感は大きいです。おすすめポイントをレビュー。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

アウトドアにも、いざという時にも

アウトドアでも重宝するポータブル電源は、防災グッズとしても注目されています。

筆者が実際に購入した「Jackery」のポータブル電源をご紹介します。

現在開催中の「楽天ブラックフライデー」はクーポン取得で25%OFFになっているので、ぜひチェックしてみてください。

Jackeryを選んだ理由?

1.高出力で大容量

2.給電数

3.充電方法

4.重さ

1.高出力で大容量

Jackery

有事の際には、数日間使用することを想定し、1000W以上の大容量電源を探しました。

本商品は1000Wの出力電力と2000Wのピーク電力により、高電力の機器の電力需要に対応できます。

公式によると一眼レフカメラの充電(8.4W/約42回分)、ノートパソコン(30W/約12.5回分)、ドローン(60W/約17回分)、電気毛布(55W/約13時間)などへの給電が可能。消費電力が1000W以内の電化製品に使えます。

2.給電数

BuzzFeed

複数デバイスを同時に使用・充電できるのも魅力。

ポータブル電源1000はUSB、DC、ACなど合わせて最大8個、同時給電が可能です。

AC出力は3口搭載しています。

BuzzFeed

USB端子は、PDやQC3.0急速充電に対応したポートを含め合計4個。シガーソケットも1口搭載しています。

3.充電方法

BuzzFeed

家庭用のコンセント、シガーソケット、ジェネレーター、ソーラーパネルの4つの方法で充電できます。車があればシガーソケットから充電できます。

BuzzFeed

4.重さ

楽天市場

もっとも重要視したのが重さです。

大容量電源は重たいものが多く、階段や坂道を持ち運ぶのも一苦労。

「ポータブル電源1000」の重量は10.6kgと軽くはないですが、それでも比較的軽量。持ち運びに便利な取っ手付きです。

付属品

BuzzFeed

・AC充電ケーブル

・車載用シガーソケット

・収納ポーチ

取扱説明書と保証証も付属します。

楽天公式ショップでは、購入後のレビュー投稿で、専用収納バッグのプレゼントもあるようです。

わかりやすく、使いやすい

Jackery

バッテリー残量、充電・放電状況はインジケーターで確認でき、電力消費の状況に合わせて動かせます。

難しい準備や操作はないので、家電操作が苦手な方でもきっと大丈夫。

大容量なので一泊程度のキャンプにはオーバースペックかもしれませんが、あると安心。

スペック一覧

Jackery

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

※紹介した情報は記事作成時点のものであり、内容が変更になる可能性があります。

※この記事は、BuzzFeed Japanで掲載した記事を再編集したものです。

訂正の連絡はこちら