おすすめ「宅食サービス」8選。安くておいしいサービスはどれ?冷凍保存や優れた栄養バランスで大人気!

冷蔵・冷凍保存のしやすさや、栄養バランスの取れた健康習慣としても話題の宅配弁当(宅食)サービス。食宅便やヨシケイなどが人気サービスとして有名ですが、定期便や毎食注文、おかずのみとご飯付きなど、生活様式にあわせて選び方も様々。減塩や糖質制限などの健康管理にも便利で、一人暮らしや高齢者介護の頼れる味方にもなります。

暮らしの変化により、人気急上昇中の宅配弁当(宅食)サービス。

スマホやパソコンでサクッと注文できる手軽さと、配達されたお弁当をレンジで温めるだけで食べられる便利さが大きな魅力です。

在宅ワークやパートなど、仕事と家事を両立しつつ、家族や自分自身の健康にも気を配ることはとても大変。また、一人暮らしでつい栄養の偏った食事をしてしまう方など、宅食の利用者の中には「体調管理やダイエットに」という声もあるようです。

また、各サービス専属の管理栄養士が栄養バランスや健康を考慮して監修したメニューも多く、育児や高齢者介護においても高い人気を誇っています。

しかし、「宅食っておいしいの?」「宅食サービスの失敗しない選び方は?」「コスパが心配...安い価格の宅食もある?」など、サービス利用に関して不安や疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回、宅食サービスのメリットや選び方、おすすめのサービス10選をまとめて紹介します。

宅食サービスのメリット

宅食サービスは便利な一方、多少のコストがかかってしまうのも事実です。しかし、コストがかかる分、人気を裏付けるだけのメリットが揃っています。

1. 配達サービスが便利。定期便も上手に取り入れて。

やはり最大のメリットは配達で食事が届くこと。

宅食サービスの注文方法や配送方法はサービスにより異なりますが、お弁当やお惣菜の定期便を実施しているサービスも多く、注文の仕方も、毎食注文や週単位、月単位の一気注文など様々です。ライフスタイルや利用頻度に合ったサービスを選びましょう。

2. 手軽で栄養バランスも取りやすい

宅食サービスの中には、レンジ加熱や湯せんなどの簡単調理で食べられるメニューが、数多く揃っています。

「毎日のレシピがマンネリ化しつつある」という人でも、メニューに悩むことなく、栄養満点のメニューを手軽に食事に取り入れられるのは、嬉しいポイントです。「料理をする時間が取れないけれど、カロリーや栄養の計算に気を配るのも疲れる」という人にもおすすめです。

また、制限食や介護食などが必要な人も、まとめ買いをしておけば冷蔵庫で長期冷蔵・冷凍保存できるので、とても便利で心強いですね。

3. 冷蔵・冷凍保存が可能

「スーパーやコンビニで買うお惣菜・お弁当の方がお手軽では?」という声もありますが、宅食は冷凍を前提に作られたメニューが多いので「保存性がいい」「必要なタイミングで温めて食べられる」という大きなメリットがあります。

「食事は出来るだけ手作り」という人も、手作りの食事と宅食の両方を併せる選択肢があれば、多忙なときや体調が優れないときにも重宝します。

宅食サービスの選び方

多くの企業が宅食サービスを提供していますが、価格帯や味わい、ボリューム、健康状態などに合わせたメニューの有無は異なります。自分に合ったサービスを選びましょう。

1.メニュー

多くの宅食サービスでは、専属の管理栄養士がメニューを監修しています。

糖質制限や減塩、カロリーカットなど、ニーズに合わせた健康メニューも多く提供されているので、高齢者向けの介護食や子ども向けミールの有無なども、必要に応じてチェックしてみましょう。「手軽に栄養バランスのとれた食事を」というニーズの場合は、一般的なメニューでも十分◎です。

各サービスが手掛けるテイスト(味の系統)も要チェック。野菜をふんだんに取り入れた和食メインのものや、ナッシュのようにシェフが監修したものなど、企業によって味わいも様々です。

2.価格

気になるお値段ですが、安いものだと1食400円未満、高級なものだと1食800円前後と幅が広いのが特徴です。選ぶ際には、送料も含めて計算しましょう。

3.ご飯の有無

多くの宅食サービスでは、ご飯付きのお弁当と、お惣菜のみを選ぶことができます。「お米は別で用意できる」「タッパーにまとめて冷蔵庫でストックしている」という人は、惣菜のみの注文がお得です。

4.配達エリア

日本全国へ配送可能な宅食サービスもあれば、地方や特定のエリア限定のものもあります。吟味した後で「対象外だった!」と肩を落としてしまわぬよう、利用する際には必ずチェックしておきましょう。また、地域によって配達までにかかる時間も異なるので、事前にチェックしておくとスマートです。

おすすめ宅食サービス8選

ご飯とおかずがセットになったお弁当タイプはもちろん、おかずだけを頼めるものや、ボリューム感のあるもの、子ども向けミール、減塩や糖質制限を考慮したものなど、豊富なオプションもあります。サービスを比較して、個々の生活ニーズに合ったものを上手に取り入れてみてくださいね。

使い方色々!定番の宅食サービス4選

食材宅配サービスや宅配弁当サービスなど、幅広いサービスを展開している宅配ブランド「ヨシケイ」。その1つ「夕食.net」は、翌日配達に特化した宅食サービスです。

定期購入制度は実施しておらず、必要に応じてその都度購入するタイプなので、柔軟な利用ができるのも嬉しいポイントです。

冷凍宅配弁当のコースは、野菜をふんだんに使った「ベジミール」や、6種類のおかずを楽しめる「バラエティミール」、低カロリーが魅力の「ヘルシーミール」、リーズナブルな「シンプルミール」の4つがあります。

お弁当の最安値が約343円〜と、業界内でも屈指のお手頃価格も特徴のひとつ。専属の栄養士が考案したメニューは、味もしっかりとしていて、栄養バランスも配慮されているので、利用者からは「コスパが良い!」という声も多いようです。

メニューの特徴 栄養バランスに特化
一食あたりの内容 惣菜3種が主
一食あたりの値段 343円〜
送料 無料

「糖質30g以下・塩分2.7g以下」という厳しい基準を設けているナッシュの宅食は、低糖質や塩分カットに加え、高タンパク質のメニューが揃っています。

日本料理やイタリアン、フレンチのシェフなどからなる「シェフチーム」が調理しているのも大きな魅力で、健康や栄養バランスを配慮しつつ、外食のような味わいを楽しめます。

おしゃれな容器に入って、冷凍の状態で届くのも人気の理由。「おしゃれな見た目に惹かれて選んでみたら、お味もよくてビックリ」という声もあるようです。

メニューの特徴 70種類以上すべてのメニューで糖質90%OFF
一食あたりの内容 惣菜2〜4種・パンなど
一食あたりの値段 646円〜
送料 980円(地域による)

楽天ランキング1位を獲得した経歴を持ち、累計販売数280万食を誇る「わんまいる」は、国産食材100%の夕食おかずに特化したサービスです。

四季折々の旬の食材を取り入れた料理が個包装(冷凍)で届くので、食べたい分だけを湯せん・レンジ調理できるのも人気の理由です。

「京の老舗女将のおばんざいセット」や「健幸ディナー」など、ユニークなメニューが揃っており、専属栄養士がカロリーや塩分などもしっかりと計算しています(1食平均400kcal以下、塩分も3.5g以下)。

和食・洋食・中華など、定期便のメニューは20日間すべて異なる献立になっており、合成保存料や合成着色料不使用のヘルシーな献立を自宅で手軽に味わえます。

メニューの特徴 主原料は国産100%・合成保存料。着色料無添加
一食あたりの内容 惣菜3種(個包装)が主
一食あたりの値段 796円〜
送料 935円(一部離島2145円)

「野菜とゴロゴロ食材」をたっぷり詰め込んだ無添加スープ・スムージーが、月に1度の頻度で配達される「グリーン・スプーン」。

公式サイトでパーソナル診断をすると、80種以上の野菜を使用した15種類のスープから、自分の生活スタイルに適したスープを紹介してくれます。

無添加なので子どもや高齢者でも安心して食べることができ、ゴロッと大きな野菜は腹持ちもバッチリ。お好みの量の水を注いで、レンジで5分温めるだけという手軽さも特筆すべき便利ポイントです。

メニューの特徴 無添加・ぴったりのスープを見つけるパーソナル診断
一食あたりの内容 スープのみ
一食あたりの値段 900円(初回30%OFF)
送料 650円(地域による)

介護に嬉しい宅食サービス2選

その名の通り、どの食材もやわらかく調理されているのが特徴の高齢者専門サービスです。

柔らかさは「ちょっとやわらかめ」「かなりやわらか」「ムースやわらか」の3種類から選ぶことができ、「ムースやわらか」では全てのおかずがムース状になっているので、舌で簡単にすりつぶすことができます。

高齢者介護などにおいても「出来るだけ色んな味わいを楽しめるご飯を」と願っている人は多いのではないでしょうか?普通の食事は硬くて食べられないと困っている人にも、ぜひ1度お試しして欲しいサービスです。

また、管理栄養士が常駐しているので、食事や健康に関する相談をいつでも無料受付しているのも嬉しいポイントです。

メニューの特徴 高齢者専門。柔らかさを選べる(ムースあり)
一食あたりの内容 惣菜3種〜5種が主
一食あたりの値段 734円
送料 385円

スーパーや共同購入などでも人気の「生協」が実施している「コープの宅配弁当」サービス。

献立は日替わりで、冷蔵で届くのも大きな特徴。お惣菜のみの「おかずコース」と、ご飯付きの「お弁当コース」から選択が可能です。

また、生協のサービスなので週に1度、日用品や雑貨も注文できるのはとても心強いポイント。「病気や体の不自由で買い物に行けない」「自宅介護で買い物ひとつでも大仕事」「近所にスーパーがない」などの幅広い生活ニーズに応えてくれます。

メニューの特徴 月〜金曜で日替わり
一食あたりの内容 お弁当コース・おかずコース
一食あたりの値段 581円〜
送料 地域によって異なる

味わいも諦めない!制限食も要チェック。

食事制限専門の宅配食通販ショップ「気配り宅配食」が手がける「ウェルネスダイニング」。

メニューは主菜1品・副菜3品のお弁当タイプで「制限食でもおいしい」というこだわりを基に、丁寧に味付けされています。

食事制限が必要な方に限らず、1食あたり10品目以上の食材を使った「(厳選)栄養バランス気配り宅配食」なども人気で、「彩り、食べ応え、共に満足」と太鼓判を押す口コミも。初回送料が無料なので、まずはお試しで頼んでみるのも◎です。

メニューの特徴 食事制限・柔らかい高齢者向けメニューなど
一食あたりの内容 主菜1品・副菜3品
一食あたりの値段 622円〜
送料 770円

これも宅食?!超本格パスタをおうちで

おうちをレストランに変える食材キット「TastyTable mealkit」から生まれた食ブランド。人気レストランのシェフがメニュー開発をしており、自宅でレストランの料理が作れるミールキット(食材宅配)の状態で配達します。

工程の全てを丁寧に1つ1つ手作りでお作りしている“超”本格派のパスタは20種類以上の豊富メニューが揃っており、月毎にメニューが入れ替わるというから驚きです。

他のサービスと比べるとお値段の張るサービスですが、「おまかせソース」セットやお試しクーポン(期間限定)を使って一度味わってみるのも良さそうです。メニュー開発をしているレストランの一覧や自慢のパスタは全て、公式HPから閲覧可能です。

メニューの特徴 本格派の種類方なパスタ
一食あたりの内容 パスタ・ソースのみ(それぞれ個別注文も可能)
一食あたりの値段 1296円〜
送料 全国一律1200円(伊豆諸島はサービス対象外)

まとめ

いかがでしたか?バラエティ豊富で便利な宅食サービスを上手に使って、栄養bランスも美味しさも手軽に実現してみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※価格は編集部調べです。(2021年4月時点)