ゲーミングチェアのおすすめ25選。座り心地がよく、テレワークも勉強も快適にできるのは?【2021完全版】

長時間のゲームプレイでも体のストレスを軽減してくれる「ゲーミングチェア」。テレワークで自宅に導入する人が増えています。オフィスチェアに比べ安価で手に入り、リラックス効果が高いことも。AKRacingなどの他、国内メーカーからも発売されています。今回はデスクワークにもおすすめの人気のゲーミングチェアと、選び方を紹介します。

長時間のゲームプレイでも、体のストレスを軽減してくれる「ゲーミングチェア」。テレワークや働き方の多様化で自宅環境を整えたい人からも注目を集めています。

プロゲーマーのハードな練習をサポートするために、開発された体を包み込むシートやランバーサポートは、長時間の勉強やデスクワークにも最適。

高級なオフィスチェアに比べ、安価で手に入り、リラックス効果も高いなどメリットが多く、ゲーマーでなくても自宅に導入する人が増えています。

AKRacing(エーケーレーシング)などの専門メーカーの他、IKEAやニトリからも発売されているゲーミングチェア。

今回は、デスクワークにもおすすめな人気のゲーミングチェアと、選び方を紹介します。

今注目のゲーミングチェアとは?

長時間のゲームプレイにも耐えられる椅子

「ゲーミングチェア」とは、ゲーマーのために開発された椅子。ハイバック仕様で背もたれに体を預けやすく、レーシングシートのように肩や尻を包み込むバケットシートが特徴です。ヘッドレストやランバーサポートなど、体の負担を軽減できるアイテムを付属しているものが多いです。

ゲームギア風のものだけでなく、シンプルでインテリアに違和感を与えないデザインも増え、リビングや自室に設置する人も。

世界のE-sportsプレイヤーに愛用されるも、国内未発売のMAXNOMIC
世界のE-sportsプレイヤーに愛用されるも、国内未発売のMAXNOMIC

ゲーミングチェアとオフィスチェアのちがい

オットマンは本体に収納されるタイプと、別売りのタイプがある
オットマンは本体に収納されるタイプと、別売りのタイプがある

肩を保護し、コックピットにいるような没入感が感じられるゲーミングチェア。体を支えるシートの形状やサポートクッションのほか、ゲームプレイの最適ポジションのため、アームレストの高さや位置が調整できるようになっているものが多いです。

また、大きな違いはリクライニング機能。背もたれを大きく倒せるものが一般的で、休憩や仮眠をとったり、リラックスした姿勢で本を読んだりすることができます。エントリーモデルなら1万円台で機能が充実したアイテムが見つかるコスパの良さも魅力。

デスクワークや勉強にも

カーレース用のシートや、プロゲーマーの長時間トレーニングのために開発されたゲーミングチェアの機能は、前傾姿勢になる勉強やデスクワーク、PCモニターを見つめる時間が長いプログラミング作業にも有効です。

包み込むシートで集中力を維持しながら猫背を防止、S字カーブの正しい姿勢を保つ手助けをしてくれます。最近はカラーバリエーションも豊富で、学習机やパソコンデスクに合ったデザインが見つかる「機能チェア」なんです。

ゲーミングチェアの選び方

ポイント①: PUレザー(合成皮革)かファブリックか

ゲーミングチェアの表面素材の主流は、PUレザー(合成皮革)。ポリウレタン素材を使ったPUレザーは高級感があり美しいですが、夏場は蒸れを感じることも。通気性をプラスするため、パンチング加工されていることもあります。

通気性を重視するなら、ファブリック(生地)のタイプがおすすめ。見た目にも落ち着きがあり、インテリアになじみやすいというメリットもあります。さらに通気性を高めたいなら、メッシュ生地を使ったものがおすすめです。

ポイント②:リクライニングの角度

ゲーミングチェアの大きな特徴は、「一度使うと手放せない…」という人も多いリクライニング機能。オフィス環境では、むずかしい背もたれを倒しての休憩も、自宅オフィスなら可能です。勉強中や作業中に背中を伸ばして休めば、いい気分転換になりますね。リクライニングの角度は、製品によって様々。仮眠用途も考えているなら、180°に近いフルフラットで倒せるものを選ぶとよいでしょう。ただし、椅子の後ろに本棚があるなどで設置場所にスペースがないと、せっかくのリクライニング機能が活かせないのでご注意を。

ポイント③:オットマン(フットレスト)付きかどうか

背もたれを倒して休憩するとき、オットマンに足を乗せれば、よりリラックスできます。本体に収納できるオットマンは、邪魔にならず便利。キャスター付き、単体のオットマンは、オプションとして購入可能。スペース節約の必要性がなく、より休憩時のくつろぎ効果を高めたいなら、単体のオットマンを選ぶのもおすすめです。簡易的な椅子としても使えます。

ポイント④:ランバーサポート

猫背を防ぎ、S字姿勢をキープするためのランバー(腰部)サポートとして、多くのゲーミングチェアには、クッションが付いています。振動機能、マッサージ機能搭載のものも。「振動はあまり必要がない」という声もありますが、腰痛が気になる人は検討してみましょう。

ポイント⑤:アームレストの調整機能

位置を調節することで、肘を最適なポジションに置けるアームレスト。「高さ」だけ調節できるタイプと「前後」「左右」「向き」も調節できるタイプがあります。背もたれを倒すときにアームレストが連動すると、肘を置いて休むことができます。

アームレスト連動だと、背もたれを倒しても肘が置ける
アームレスト連動だと、背もたれを倒しても肘が置ける

ポイント⑥:ヘッドレスト(立体クッション)

頭をもたれさせ、首にかかるストレスを軽減してくれるヘッドレスト。考えを整理したり、休憩時の枕にしたりと便利で、高級オフィスチェアにもあまりない便利なパーツです。リクライニング姿勢でも、モニターを見やすいポジションをキープできます。ヘッドレストの形状は取り外せる小さめクッションのようなものが多く、なかにはヘッドレストがないタイプ、大きなヘッドレストが付いたタイプも。取り外せるタイプの場合、使うときはしっかり固定するのが安心感を高めるポイント。

ポイント⑦:デザイン

ドライビングシート風のデザインだけでなく、ソファに近いものや、座椅子のゲーミングチェアも。ゲーミングギアらしく光るものから白やピンクなど、カラーリングも豊富です。
机とのコーディネートでより落ち着いた雰囲気をイメージするなら、ファブリックを使ったものがおすすめ。

ポイント⑧:サイズ

適性身長もチェック
適性身長もチェック

ゲーミングチェアは、ワンサイズのモデルが多く、ヘッドレストや座面の高さで調整します。特に高級ゲーミングチェアで欧米モデルの場合、座面幅が大きく、せっかくのフィット感が弱いこともあるので注意。普通体型、背が高い人は問題なく使えるサイズ感のものが多いですが、正しい着座姿勢のためには座面が高すぎず、足が床につくことが大切です。

女性や小柄な人(低身長向け)には、低座面のゲーミングチェアがおすすめです。

女性や小柄な人におすすめの低座面設計
女性や小柄な人におすすめの低座面設計

ポイント⑨:価格帯

ゲーミングチェアのライトモデルは、1万円台から選べ、主流は3~4万円。エルゴヒューマン監修の『WINcase(ウィンケース)』は、約10万円です(2021年現在)。性能にこだわるなら5万円以上のハイエンドモデルも長く使えておすすめ。有名メーカーのものは価格が高めですが、クッション性が優れている、フレームの強度や安全性が高い、保証や返品対応が迅速といったメリットがあります。

ゲーミングチェアの人気メーカー・ブランド

AKRacing(エーケーレーシング)

2000年にレーシングシートの開発を開始。E-sports黎明期よりゲーム競技用チェアを手掛けるAKRacing。座り心地とデザイン品質の高さに定評があり、世界のゲーマーに支持される高品質なゲーミングチェアブランドです。

AKRacingのスタンダードモデル「Nitro V2」
AKRacingのスタンダードモデル「Nitro V2」

DXRacer(デラックスレーサー)

自動車競技用のシートも生産する、アメリカを拠点としたゲーミングチェアの草分け的ブランド。長い時間パソコンを使っても快適に過ごせる、弾力のある座面が特徴。世界のE-sports競技会で公式ゲーミングチェアに選ばれています。

DXRacerのスタンダードモデル「DXR」
DXRacerのスタンダードモデル「DXR」

Bauhutte(バウヒュッテ)

日本のゲーミング家具ブランド、バウヒュッテ。「デスク秘密基地化計画」をスローガンに、機能的で独自性のあるゲーミング環境を提案。日本人の体型に合った、正しい着座姿勢のための低座面設計も魅力。

Bauhutteのゲーミング座椅子「GX-530」
Bauhutteのゲーミング座椅子「GX-530」

タイプ別のおすすめゲーミングチェア25選

ランキング上位でレビューと販売数が多いものを中心に、人気ゲーミングチェアを紹介します。おしゃれなファブリックや360°回転する便利な座椅子も。ぜひチェックしてください。

ファブリックのゲーミングチェアのおすすめ5選

長時間使用するゲーミングチェア。汗によるベタ付きが心配ならファブリックタイプがおすすめ。お部屋のインテリアにもなじみやすいです。

マッサージ機能も。落ち着いたファブリックがお部屋にマッチ
長時間座っていても疲れにくいゲーミングチェアを、仕事にも違和感ないよう新開発したDowinx(ドウィンクス)のゲーミングチェア。通気性と耐久性に優れたファブリック(生地)を使っているので、蒸れとペタつきなしで快適に休めます。高級ソファに使われるポケットコイルクッションを内蔵、腰枕のマッサージ機能、収納式のオットマンが付いています。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:90°~170°
  • アームレスト:1D(高さ調節可能)

上質なファブリック素材で、長時間座っていてもサラッと
肌触りがよく、通気性のあるファブリックを表面素材に使ったAKRacingの「Wolf」シリーズ。カラーリング部分は、PUレザーなので、汚れても簡単に拭きとれます。最大180°のリクライニング機能とロッキング機能で長時間作業の疲労をしっかりサポート。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:最大 180°
  • アームレスト:1D(高さ調節可能)

通気性の良いポリエステル素材でムレなく快適
夏はさらりと、冬はぬくもりを感じられる通気性のよいファブリックを採用した、GTRACING(ジーティーレーシング)のゲーミングチェア。リラックスできる揺りかごロッキング機能はレバーでON/OFF可能。低価格帯ながら機能も充実。座面の高さは43~50cmまで上下昇降でき、小柄な人向けの高さ。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:最大 165°(無段階)
  • アームレスト:1D(高さ調節可能)

レーシングシートから生まれたアメリカ発のゲーミングチェア
DXRacer(デラックスレーサー)、スタンダードサイズのFormulaシリーズ、スタンダードファブリックモデル。チェア内部は高密度、高反発3Dウレタンフォームで快適な座り心地を実現し、体をしっかりサポート。ファブリックは柔らかく肌触りのよいスタンダートメッシュです。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:最大 150°
  • アームレスト:1D(高さ調節可能)

日本人向け低座面設計&ロングセラー
Bauhutteのプロシリーズ。長時間チェアに座ることを考え、日本人向けに調整を重ねた低座面設計。通気性が良く蒸れにくいファブリックです。3Dアームレストは、上下・左右・前後に可動し、作業に併せて調整が可能。「前寄り」「後寄り」の取り付け位置も調整できます。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:最大 150°
  • アームレスト:4D(前後・左右・高さ・取り付け位置調節可能)

ハイエンドなゲーミングチェアのおすすめ2選

性能にこだわるなら、機能性が高いハイエンド、プレミアムのゲーミングチェアをチョイス。傷がつきにくく、高級感のある合成皮革が使われていて、長く使えます。オプションでオットマンも加えて高級オフィスチェアのように。

肉厚な座り心地&前傾チルトで集中モードに
世界的ゲーミングチェアメーカー「E-WIN(イーウィン)」のハイエンドモデル「F9-BK」。4段階内臓ギアのランバークッションで、背中のフィット感を体勢ごとに調整できます。座面を約6°傾けられる前傾チルト機能で、デスクワーク時の集中もキープ。別売りのオットマンが装着可能。

  • 表面素材:PUレザー(パンチング加工)
  • リクライニング:85°~155°(8段階)
  • アームレスト:3D(高さ・前後・角度調節可能)

座面チルト&180°リクライニング、オフィス向けハイエンドチェア
快適な座り心地で世界に知られるゲーミングチェアブランド、AKRacingのPremiumシリーズ。座面チルト機能で、前屈みになりやすいノートPC作業でも太ももに負担がかかりにくい設計。シックなデザインとフルフラットリクライニング機能でオフィスチェアとしても、リラックス用としてもおすすめ。「座面の奥行きが短いので、体を起こしていても背もたれがフィットする」というユーザーレビューも。オットマンは別売りです。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:最大180°
  • アームレスト:3D(高さ・前後・角度調節可能)

オットマン付きのゲーミングチェアのおすすめ3選

単体のオットマンを置くスペースが気になるなら、座面下に収納できるオットマン付きタイプを。別々に購入するよりトータルで安く抑えられます。

埋め込みスピーカーと収納式オットマンで心ゆくまでリラックス
AmazonのPCゲーミングチェア売れ筋ランキングの第1位から第3位までを独占しているGTRACING。機能とコスパの良さで人気を呼んでいます。普段の使用時には邪魔にならない収納式オットマン付き。最大135°のリクライニングで、足を伸ばしてリラックスが可能。揺りかご(ロッキング)機能とBluetoothスピーカーも付いているので、YouTubeや映画のサウンドも耳元で楽しめます。柔らかいPUレザーを使っているので、長時間の作業も快適に。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:最大135°
  • アームレスト:1D(高さ調節可能)

お手頃価格とコックピット風デザインが人気
AmazonPCゲーミングチェア売れ筋ランキングの第9位にもランクインしたSupBnnのゲーミングチェア。低価格帯ながら収納式オットマン、腰を支えてくれるランバーサポート付きで作業効率UP。小柄な人向けで、座面の高さを片手で調整可能です。「値段以上で満足」「丈夫さには疑問」のレビューがあり。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:最大135°
  • アームレスト:-

耐荷重150kg。手頃な価格で1年保証付き
クールなデザインで価格も手ごろなSKYEのゲーミングチェア。伸縮可能なフットレスト付きで、リクライニング調節は160°まで。3Dアームレストは昇降調節と左右スイングができるので、ベストな肘の置き場をキープしたい人にもおすすめ。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:90~160°
  • アームレスト:-

国内メーカーのゲーミングチェアのおすすめ7選

国内の老舗家具メーカーや、オフィス家具メーカーも人気です。問い合わせの対応の良さのほか、日本人の体型や家の環境に合わせて開発されているところも魅力。

オフィスらしさとゲーミングチェアの特性を融合
オフィス空間をサポートする日本のオフィス家具メーカー「イトーキ」からも、ゲーミングチェアが登場。「X FOCUS CHAIR(クロスフォーカスチェア)」は、ゲーミングチェアの特性と自宅のインテリアに溶け込むデザインです。日本製のバネを使用し、10段階で操作しやすいリクライニングレバー。アームレストも7段階で好みの高さに調節できます。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:最大135°(10段階)
  • アームレスト:1D(高さ調節可能)

長時間使っても正しい姿勢をサポート
アイリスオーヤマのフットレスト付きオフィス&ゲーマー向けリクライニングチェア。背もたれは、無段階にリクライニング可能で、肘掛けの高さも調節できまう。「座り心地最高!」「組み立ても簡単でした」のユーザーコメントも。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:-
  • アームレスト:1D(高さ調節可能)

「寝られる」ゲーミングチェア
パソコン周りの環境を提供するサンワサプライ。オフィス用途にも違和感のないゲーミングチェアです。他のゲーミングチェアに比べ、大きなヘッドレストで頭部をサポート。160°までの無段階リクライニングに連動する肘掛けで、休憩中もしっかり体をサポート。耐荷重は100kgです。

  • 表面素材:フェイクPUレザー
  • リクライニング:最大160°(無段階)
  • アームレスト:リクライニング連動

ゲーミング家具ブランドによるソファのようなゲーミングチェア
秘密基地のようなゲーム・テレワーク環境を提案するBauhutte(バウヒュッテ)の「ゲーミングソファチェア」。ポケットコイルでふかふかの座り心地と、お部屋のインテリアにもなじみやすいデザインが人気で品薄に。オットマンワイドや昇降式PCデスクなど、別売りの家具と合わせて自分だけのスペースを形成できるのも魅力。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:最大135°(無段階)
  • アームレスト:2D(高さ・取り付け位置調節可能)

京都芸術大学導入。テレワークも快適
通気性に優れたパンチングPUレザーを採用し、長時間の作業でも背中の蒸れを防止。キルティング加工に高級感があるEXRACINGのオットマン付きゲーミングチェアです。日本企業が開発し、世界へ向けて100万台を出荷。Eスポーツ講義を行う京都芸術大学でも導入され、ゲーム実況者Zelarl(ゼラール)さんも愛用。YouTubeで快適な使用感を紹介しています。

  • 表面素材:パンチングPUレザー
  • リクライニング:最大165°(無段階)
  • アームレスト:2D(高さ・角度調節可能)

日本人の体形に合ったゲーミングギア。小柄な人にも
福岡県の家具の総合商社、関家具によるオリジナルゲーミングギアブランド「Contieaks(コンティークス)」。こちらの「Roussel(ルセル)」は小柄な人でも裸足で足が床につく低座面高シリンダーを採用し、座面の高さ昇降調整機能付き。厳しい品質基準の試験をクリアした耐久性があり、耐荷重は150kgです。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:最大135°(17段階)
  • アームレスト:4D(前後・高さ・左右スライド・左右首振り調節可能)

大柄な人にも。あぐらも組めるソファーファブリックのチェア
落ち着いたトーンのファブリックで、ソファのようにインテリアを演出するコンティークスの「Titlis(ティトリス)」。肘をついてゲームもできる適度な高さの3Dアームで、ロッキング機能も。あぐらも組めるワイドな座面です。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:最大135°
  • アームレスト:3D(前後・高さ・左右調節可能)

フルフラットになるゲーミングチェアのおすすめ4選

作業中に仮眠をとることは、その後の集中力UPにも効果的。寝心地にこだわるなら、背もたれを180°に倒して伸び伸びできるゲーミングチェアを選びましょう。

180°リクライニング で仮眠も快適
「福和楽」のブランド「RAKU」。手頃な価格でエントリーにもぴったりのゲーミングチェアです。耐荷重は200kgで、格納式のフットレスト付き。フルフラットでも安心してくつろげます。日本人向けの低座面設計で9cm昇降して調節できます。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:90°~180°(無段階)
  • アームレスト:リクライニング連動

人間工学設計で集中力を持続
機能的なデザインで集中力もUPしそうなAKRacingのハイエンドゲーミングチェア。多数のゲーマーに愛用されているアイテムです。180°リクライニング でPC作業途中にリラックス。大きな座面と厚めのシートクッションでゆったり座れます。別売りのフットレストと組み合わせても。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:最大180°
  • アームレスト:4D(高さ・前後・左右・回転調節可能)

コスパの良さに定評。フル装備のゲーミングチェア
伸縮式レッグレスト、背もたれ180°まで調節可能、ロッキング機能付きと性能十分ながら低価格を実現したSWOLOLのゲーミングチェア。「コスパが良い」「仮眠も快適」というユーザーレビューも。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:90°~175°
  • アームレスト:-

10年使用相当のテストにパス。高耐久PUレザー
AKRACINGのスタンダードゲーミングチェア。適度なホールド感が良い座り心地を実現。経年劣化にも強い耐久仕様のPUレザーを使用しています。最大180°のリクライニング機能は、好みの角度になったらレバーを離します。作業途中でも休みたいときにさっと気分転換を。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:最大180°
  • アームレスト:1D(高さ調整可能)

カラーリングがおしゃれなゲーミングチェアのおすすめ2選

黒×蛍光色が多いゲーミングチェアですが、女性に人気の白や、かわいいカラーリングのものも増えています。「エヴァンゲリオン」とコラボした綾波モデルも人気です。

小柄な人にもおすすめ。中世ヨーロッパ風デザイン
中世ヨーロッパを意識したDowinx(ドゥインクス)のゲーミングチェア。通常よりも耐久性の高い新開発のPUレザーを使用。USBケーブルで給電する振動腰クッションと、約170°までリクライニング可能な背もたれで、サポートしてくれます。

  • 表面素材:PUレザー
  • リクライニング:最大170°
  • アームレスト:リクライニング連動

イトーキのエヴァンゲリオンチェア初号機モデル
人気アニメ「エヴァンゲリオン」とオフィス家具イトーキのコラボ「EVANGELION CHAIR(エヴァンゲリオン チェア)」、通称EVAチェア。肩と太ももをしっかりホールドしてくれるバケットシートスタイルで、日本製のバネで操作しやすいレバーを搭載。デザインだけでなく、リラックスも実現した高機能タスクチェアです。初号機モデル・2号機モデル・綾波モデル・ネルフモデルの4種類。

  • 表面素材:フェイクレザー
  • リクライニング:最大135°(10段階)
  • アームレスト:-

ゲーミング座椅子・座布団のおすすめ4選

リビングでのテレビゲーム用には、脚部のないゲーミング座椅子を。座部が回転して物が取りやすく、行方不明になりやすいスマホポケットが付いているものも。

自立するクッションで、どこでも快適ソファ
ゲーミングベッドをソファ化!寄りかかっても倒れないので、リラックスしながらタブレットを操作したり、ゲームや読書にも。ヘッドレストは取り外し可能。カバーはなめらかな肌触りのベロア、クッションは体をしっかり支えてくれるウレタンフォームです。

  • 表面素材:ベロア
  • リクライニング:-
  • アームレスト:-

和室にも洋室にもなじむゲーミング座椅子
通気性に優れたファブリックを使用したコンティークスの「ティトリス」座椅子タイプ。ワイドな座面で大柄な人も足が組めます。360°回転で物を取るときにもスムーズ、最適なポジションに調節しやすい3Dアームです。

  • 表面素材:ファブリック
  • リクライニング:最大135°
  • アームレスト:3D(前後・高さ・左右調節可能)

ゲーミングチェアのお手入れ

高機能なゲーミングチェア。できれば長く使いたいですよね。お手入れのポイントを紹介します。

PUレザーのお手入れ

高級感があり、お手入れもラクなPUレザーですが、ひび割れてしまうと残念なことに。実は、ゲーミングチェアの買い替えには「合皮がボロボロになってしまった」という理由が多いんです。きれいに保つために水拭きをしたくなりますが、長持ちさせるために、お手入れは乾拭きで。汗や油分、水分の接着は避け、紫外線にも注意してください。

汚れが気になる場合は、ぬるま湯で薄めた中性洗剤を使い、布で表面を叩くように拭き取ります。その後は水をひたした布をかたく絞って拭き取り、さらに乾拭きを。エアコンの風が直接当たる場所も避けましょう。

ファブリックのお手入れ

合成皮革のようにひび割れたりはしないものの、毛玉ができたり、汚れがシミになったりするファブリック。ホコリもつきやすいので、クリーナーやブラシでこまめに取り除きます。シミができたときは、ぬるま湯をタオルにひたし、しぼった後、トントンと叩きます。中性洗剤を使う場合は薄く、洗剤が残らないよう濡れタオルで拭き取りましょう。

汚れを防止するための椅子カバーはサイズが合うものが少なく、ゲーミングチェアならではのフィット感も半減してしまいます。

キャスターのお手入れ

ゲーミングチェアに限らず、汚れを集めがちなキャスター。髪の毛やホコリがたまっていると、滑りが悪くなってしまいます。劣化が気になるときは、交換用やロック機能付きのキャスターを別途購入しましょう。

ゲーミングチェアのデメリット

勉強用の椅子にもワークチェアにもなるゲーミングチェア。どんなデメリットがあるのでしょうか。

サイズが大きい

ハイバックシートであり、リクライニングできることも考えると、存在感のある家具となります。設置スペースは確認しておきましょう。

キャスターの音

静音キャスターを採用しているものもありますが、階下へ響くキャスター音が気になることも。そんなときはゲーミングチェア用防音マットを。床の傷つき防止にもなります。

キャスターの騒音対策には保護マットを
キャスターの騒音対策には保護マットを

まとめ

フルフラットで仮眠ができたり、ランバーサポートが振動したり、気になる機能がたくさんのゲーミングチェア。「テレワークのリビング書斎に導入」「子どもの学習用にプレゼントした」なんて人も。

ゲームや動画視聴はもちろん、パソコン作業やデスクワークのストレスを軽減し、集中できる環境に。自宅の椅子の座り心地をより快適にしてみませんか。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※価格は変動します。