ハフコレ編集部

乾かしながら潤う?SALONIAの「最新ドライヤー」をレビュー。

美容液ミストを出しながら、髪を乾かすというSALONIAの「トリートメントミストドライヤー」。乾かしながら潤う仕組みや使用感、コスパをまとめて紹介します。

乾かしながら潤う!全く新しいコンセプトのドライヤー が登場です!

a
Natsuko Abe/BuzzFeed
a

美容液ミストを出しながら、髪を乾かすというSALONIA(サロニア)の「トリートメントミストドライヤー」

髪の水分を飛ばすことで髪を乾かすはずなのに、美容液のミストを出すって矛盾しているようにも聞こえますが、Amazonのヘアドライヤーカテゴリでベストセラー1位を獲得するなど、今大注目の製品です。

ちなみに本体価格は2万5300円
ドライヤーとしては高額ですが、最近は髪を乾かすだけではなく、プラスアルファの機能を搭載した高額なドライヤーが人気です。

おすすめポイント①
髪を乾かしながら美容液を浸透させるから翌日までしっとり感が続く…!

Natsuko Abe/BuzzFeed

美容液のミストは、温風の吹き出し口の下から出ます!

一般的な水滴に比べて約10分の1くらいまで微細化したものでとにかく細かい。吹き出し口に手を出しても、濡れる感覚はなく、煙のような白いミストがかろうじて目で確認できるくらい。

ミストスイッチをオンにしたら、あとは一般的なドライヤーと同じように髪を乾かしていきます。美容液ミストは香りが多少しますが、そこまで強くないので、気になりませんでした。

違いを実感するのは翌日の朝!頑固なくせ毛が扱いやすくなりました。

Natsuko Abe/BuzzFeed

筆者は頑固なくせ毛なのですが、ミストドライヤーを使い始めてからかなり改善されました。髪がまとまりやすく、扱いも楽になったので朝のヘアセットの時間がかなり短縮されました。

クセ毛軽減のために、以前はドライヤーを使う前にヘアオイルを使っていたりしていましたが、ミストドライヤーはその手間がなくて楽チン!

おすすめポイント②
メンテに手間がかからない!コスパもよし!

美容液は、専用のパッケージに入っていて、本体へのセットも簡単◎

購入時に2本の美容液がセットで付いてきます。1本で約14日間ほど、使えるそう。私の場合、毎日髪を洗うわけではないので、1本で1ヶ月くらいは持ちました!

専用のヘア美容液を使わなければいけないので、気になるのが価格ですが、2パックで2200円と購入しやすい価格です。
市販のヘアオイルなどと同価格帯なので、続けやすいのも嬉しいポイントです。

Natsuko Abe/BuzzFeed

温風吹き出し口の下の部分を取り外してセットします。

このヘア美容液は、サラサラとしていてベタつきはありません。就寝前に使っても、枕カバーがベタベタしたりすることもありませんでした。

おすすめポイント③
大風量で素早く乾く!

Natsuko Abe/BuzzFeed

「ミストで髪を潤わせながら乾かすって、時間かかりそう...」
とかなり疑ってましたが、実際には驚くほど「いつも通り」でした。ショートヘアであれば、5分もあれば完全に乾かせます。

それにしてもミストが出るのに、早く乾くのはなぜ?と気になったので、SALONIAの人に聞いてみました。

「ヘア美容液には、髪がほぐれやすくなる速乾成分が含まれているので、一般的なドライヤーに比べてより乾かしやすくなっています。

ヘアケアメーカーとしてこれまで様々なドライヤーを出していますが、今回のモデルが速乾性能では過去1番です」

個人的には、温風が熱すぎないのもお気に入りポイントです。

Natsuko Abe/BuzzFeed

唯一気になったのは、ミストスイッチのON/OFFがわかりにくい点。専用のボタンを押して操作するのですが、最初はモードが切り替わっているのか判断しにくく、やや戸惑いました。慣れると問題ありません。

こんな人におすすめ!

・高機能ドライヤーに興味がある人!

・とにかく早く髪を乾かしたい人!

・丁寧なヘアケアが続かない!というずぼらさん

製品の詳細はAmazonでもチェックしてみてくださいね!

【筆者プロフィール】

阿部夏子:家電記者歴約15年。家電専門の記者として新製品や開発者インタビュー、経営者インタビューなどを精力的に行ってきた。家電製品を自分で使ってのレビュー記事も多数執筆。自宅には家電専用の物置も設置。5歳男児の母でもある。インプレス、白物家電専門ニュース媒体「家電 Watch」の元編集長。2018年からはBuzzFeedJapan、Life teamでエディターを務める。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※この記事は、BuzzFeed Japanで掲載した記事を再編集したものです。