ハフコレ編集部

セカンド冷凍庫おすすめ10選!コロナで需要拡大。選び方は?サイズ別に紹介

セカンド冷凍庫のおすすめは?冷凍庫の空きスペースがなくて困っている方や寝室やオフィスなどキッチン以外に冷凍庫を設置したい方必見です。

セカンド冷凍庫とは?

Amazon

コロナをきっかけにセカンド冷凍庫が人気

コロナをきっかけに、自宅で食事をする機会が多くなり、冷凍食品のまとめ買いや作り置きなどをする人が増えました
こうした背景から、メインの冷凍庫以外に「セカンド冷凍庫」とよばれる、小型冷凍庫が注目されています。

セカンド冷凍庫の置き場所は?

セカンド冷凍庫を購入する場合は、置き場所もあらかじめ決めておくのがおすすめ。設置場所を考える際は、以下のポイントを確認しておきましょう。

放熱スペース:メーカー規定の放熱スペースを要確認

コンセントの有無:基本的なものの忘れがちなので確認

日光・湿度:直射日光が当たらず、湿度が高くない場所かどうか

開閉スペース:ドアを開けても問題ないスペースかどうか

セカンド冷凍庫の選び方

セカンド冷凍庫を選ぶときのポイントを「サイズ」「冷却方式」「開閉方法」別に紹介します。

サイズ感

セカンド冷凍庫には、30L〜100L以上まで、さまざまなサイズがあります。

何人家族か、食材をどれくらいストックしたいか、置き場所はあるかなどを踏まえてサイズを検討しましょう。

一般的に、30L前後は個人用、30L~60L前後だと2人暮らし程度と言われています。60Lを超えるものはたっぷり食材が入ります。

冷却方式

冷凍庫の冷却方式は「直冷式」と「ファン式」の2種類があります。

「直冷式」は、冷凍庫内の冷却器で冷やした空気を循環させるタイプ。冷却能力が高く、庫内の温度が上がりにくいため食材の鮮度を保ちやすく、製氷にも向いていると言われています。

ただし直冷式の場合、庫内の水分が凍り、霜が付きやすいというデメリットも。定期的に霜取りをする必要があります。

「ファン式」は、冷却器から出る冷気をファンで冷凍庫内に送り込むタイプ。

直冷式に比べ、冷気をムラなく行き渡らせることができ、霜も発生しにくいため、お手入れの手間もかかりません。

ただしファン式の場合、ファンを使うため消費電力が大きく、価格も比較的高いです。

開閉方法

セカンド冷凍庫のドアは、大きく「前開き式」「上開き式」に分かれます。

「前開き式」は、庫内の物を把握しやすく、奥にしまったものも取り出しやすい作りになっています。

「上開き式」は、上部を開閉するタイプで冷気を逃がしにくい構造なので、前開き式よりも温度上昇を防ぐことができます。難点をあげるとすれば、容量の大きな冷凍庫だと底にある食材が取り出しにくいこと。

上開き(左)・前開き(右)
上開き(左)・前開き(右)

セカンド冷凍庫おすすめ10選

おすすめのセカンド冷凍庫をサイズ別(85〜121L・60L以下)に紹介します。

セカンド冷凍庫:大きいサイズ5選

アイリスオーヤマの冷凍庫は、前開きで小トレーが1つ、大トレーが2つ、そして底部トレーも1つ付いています。そのため小分けの食品から箱入りのものまで、すっきり収納できます。

カラーはホワイトとブラックの2種類。モダンな雰囲気が好きな方におすすめです。
85L以外に60〜292Lまで幅広いサイズを販売しています。

容量 85L
仕様 ‎右開き、高さ調節脚付き
サイズ 幅約55.0×奥行約58.2×高さ約84.5cm
年間消費電力量 3171kWh/年

シャープの冷凍庫は、前開きタイプ。透明のケースに収納できるため、食材を把握しやすいのが嬉しいポイント。直冷式のため、定期的に霜取りが必要です。冷凍庫の上に、電子レンジをのせることもできるため、設置スペースが少ない方にもおすすめです。カラーはホワイト。

容量 86L
仕様 ‎右開き、高さ調節脚付き
サイズ 幅約55.0×奥行約55.0×高さ約86.5cm
年間消費電力量 225kWh/年

レマコムの冷凍庫は、ダイヤル1つで冷凍・冷蔵・チルド調節ができます。また急速冷凍機能付きです。

100Lと大容量ですが、キャスターがついているので移動も楽々。上開きなので底にある食材等の取り出しにくいですが、容量を求める方におすすめです。カラーはホワイト。

容量 100L
仕様 ‎上開き
サイズ 幅約55.4×奥行約57.8×高さ約86.6cm
年間消費電力量 215~223kWh/年

アレジアの冷凍庫は、ファン式で自動霜取り機能が付いているので、面倒なお手入れを極力減らしたい方におすすめ。庫内は、ケースごとに食材を仕分けし収納することができます。カラーはホワイト。

容量 107L
仕様 ‎右開き(庫内は引き出し)
サイズ 幅約47.4×奥行約54.1×高さ約125cm
年間消費電力量 325kWh/年

三菱の冷凍庫は、幅48cmとスリムな設計ながら121Lの大容量。ファン式なので霜がつきにくいです。
透明のケースが4つついているので食材の仕分け・把握に便利。操作部は、庫外にあるので、扉を閉めたまま温度調節・急冷が可能です。カラーはホワイト。

容量 121L
仕様 ‎右開き
サイズ 幅約48×奥行約58.6×高さ約112.6cm
年間消費電力量 400kWh/年

セカンド冷凍庫:小さいサイズ5選

TOHOTAIYO(トーホータイヨー)の冷凍庫は、ドアの開く方向を左右で変えられるタイプ。比較的自由に部屋のレイアウトに合わせて設置できます。

容量は、31Lとコンパクトながら、冷蔵・冷凍が使えます。庫内の仕切りは外すことができ、高さのあるものも収納可能。直冷式のため、定期的な霜取りが必要です。

カラーは、ホワイト・ブラック・シルバー・ブラウンの4種類。

容量 31L
仕様 ‎前開き(ネジの付け替えで左右の開閉切り替え可能)
サイズ 幅約47.4×奥行約44.7×高さ約49.6cm
年間消費電力量 111kWh/年

アイリスオーヤマの冷凍庫は、ガラス扉でスタイリッシュなデザインなので寝室やオフィスなど、キッチン以外の場所にもなじみます。食品の量や季節に応じて5段階の温度調節が可能です。

透明なケースが3つついていて、各段ごとに直接冷凍ができるのも嬉しいポイント。カラーはホワイトとブラックの2種類。

容量 60L
仕様 ‎右開き
サイズ 幅約47.5×奥行約50×高さ約84cm
年間消費電力量 132kWh/年

SunRuck(サンルック)の冷凍庫は、限られたスペースでも置きやすいコンパクトサイズ。食材の量や室温に合わせて7段階の温度調節が可能です。カラーはホワイト。

容量 32L
仕様 ‎右開き
サイズ 幅約44.5×奥行48×高さ約49.8cm
定格商品電力 55kWh/年

山善の冷凍庫は、コンパクトながら、冷凍・冷蔵ができる万能タイプ。

冷凍の場合は5段階、冷蔵の場合は3段階で調節できます。寝室等で飲み物をストックしたい方におすすめです。

容量 31L
仕様 ‎右開き
サイズ 幅約47.4×奥行約45×高さ約49.6cm
年間消費電力量 111kWh/年

アレジアの冷凍庫は、食品を整理するのに便利なバスケット付き。背面は子どもやペットの安全を守るためのガードがついています。シンプルなデザインでどんな場所にもなじみやすく、寝室やリビング、キッチンなど幅広い場所で使えます。カラーはホワイト。

容量 36L
仕様 ‎右開き
サイズ 幅約48×奥行約45×高さ約52.5cm
定格商品電力 85kWh/年

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。