ハフコレ編集部

Xiaomi「電動空気入れ」が大活躍!おすすめポイントを写真と共にレビュー

筆者が買って感動したXiaomi(シャオミ)の「電動空気入れ」がとにかく便利!おすすめポイントを、写真と共にレビューします。

※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

買ってよかった!Xiaomiの「電動空気入れ」

自転車の空気を入れは、意外と重労働で時間もパワーも必要ですよね。

そんなお悩みを解消した優れものがこちら。

ポイントを、写真と共に紹介します。

ボタン1つで空気入れができる

BuzzFeed

自転車の空気入れが、ボタンを押すだけで完了します。「今までの苦労はなんだったの…」というくらい、楽々です。

自転車の場合、米・英・仏式の3タイプにも対応◎

BuzzFeed

一般的な自転車からスポーツタイプのものまで対応しているので、幅広く使えます。

重さは約500g

BuzzFeed

サイズは‎、高さ12.4cm x 幅7.7cm x 厚み4.53 cmと少し大きめ。

筆者は、ギリギリ苦労なく持ち運べるくらいの大きさと重量感でした。

正面にはディスプレイのほか、下部にはホイール型のボタンが付いています。

充電は?底面にあるUSB-Cポートから◎

BuzzFeed

2000mAhのリチウム電池を搭載しており、最長180分の作業が可能です。

使う頻度によりますが、筆者の場合、充電は数ヶ月に1回ほど。

使い方は?とても簡単

BuzzFeed

上部のホースを空気穴にセットし、ボタンを押すだけ。

BuzzFeed

筆者は、自転車用として使っていますが、付属のアタッチメントに変えることでバイクやボールなどにも使えます。

BuzzFeed

自転車の場合、約20秒前後で空気入れ完了です。

手動の空気入れだと、空気圧が高くなればなるほど、力が必要で大変でしたが、ボタン1つで解決!

惜しいポイントとしては、使用時の音。掃除機ほどの音が出ますが、日中に使えば大丈夫だと思います。

空気圧は変更可能

BuzzFeed

ボタン操作でタイヤに適した空気圧に調整できます。

適切な数値に関しては、タイヤに印字してある「psi」もしくは「bar」という数値を確認してください。

面倒な空気入れを、サッと済ませてくれる電動空気入れ。

少し値段が張るのがネックですが、この先も活躍することを考えると良い買い物だったと感じます。

※この記事は、BuzzFeed Japanで掲載した記事を元に再編集したものです。

※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。

ホームページへ
訂正の連絡はこちら