WORLD
2019年04月17日 18時22分 JST | 更新 2019年04月17日 18時23分 JST

シンガポール空港にオープンした新施設「ジュエル」がスゴイ。 今すぐ行きたくなる12枚の写真

乗り継ぎだけじゃもったいない!

Twitter / @ChangiAirport
「ジュエル」の世界最長の屋内人工滝

シンガポールで4月17日、4年間にわたる工事と約17億シンガポールドル(約1400億円)の費用によって完成した巨大施設「ジュエル(Jewel)」がオープンした。

まさにシンガポールの新たな「宝石」のようなジュエルは、チャンギ空港に隣接している。ガラスと鉄からなる巨大なドーム型はまるでアートのようだ。

Feline Lim / Reuters

建築は、宇宙船が乗ったようなデザインで有名なシンガポールのホテル、マリーナベイサンズを建築したモシェ・サフディ氏によるもの。

施設は計10階(地上5階、地下5階)に広がり、280のショップやレストラン、ホテルやラウンジもあり、ガーデンやパークなどの緑も溢れている。

店舗にはポケモングッズの専門店、日本のポケモンセンターも含まれている。

Bloomberg via Getty Images
Bloomberg via Getty Images

また、空港に隣接していることもあり、シンガポール航空を含む多くの航空会社へのアーリーチェックインや荷物の保管なども可能。そして、第1、2、3ターミナルにも直結している(4にはシャトルに乗る必要がある)。

様々な魅力の詰まったジュエルだが、1番の目玉はドームの中心を流れる世界最長の屋内人口滝。

天井から地下2階まで、約40メートルの高さから垂直に水が落ちてくる滝は、日中には陽の光を反射して輝き、夜には光と音のショーが行われるという。

Bloomberg via Getty Images
Suhaimi Abdullah via Getty Images
Suhaimi Abdullah via Getty Images

アジアのハブ空港に隣接するジュエルは、旅行者が長い乗り継ぎ時間を快適に過ごせるだけでなく、国民にも喜ばれる施設となる事を期待されている。

Bloomberg via Getty Images
Feline Lim / Reuters
Bloomberg via Getty Images
Bloomberg via Getty Images
Suhaimi Abdullah via Getty Images