WORLD
2020年04月07日 17時09分 JST

地下鉄ホームで出産、妊婦に起こった「映画みたいな出来事」(映像)

これは、ソウル地下鉄1号線ヨンサン駅で起こった実話である。

MBC
母親と赤ちゃんを保護する市民達산모와 아기를 보호하는 시민들

これは3月28日、韓国のソウル地下鉄1号線ヨンサン駅で起きた「実話」である。

 

MBCによると、当時臨月を迎えていた20代の妊婦の女性は、まだ出産予定日までは半月ほどあったが、電車内で突然陣痛に襲われ急いで駅を降りた。

 

動画では、女性がつらそうに手すりにしがみついている様子が写っている。夫のハン氏も一緒にいて妻を支えていたが、どうすればいいのかわからず、周辺の人に助けを求めた。すると、大学生2人が夫婦に駆け寄ってきた。

 

そのうちひとり、チョ・ムンソン氏は保健分野を専攻している学生だった。母親と赤ちゃんの状態を確認した後、緊急通報した。もうひとりは、警察官を目指す試験の準備中というキム・ナムジュン氏。2人で駅員達にこの情報を知らせた。

 

知らせを聞いて走ってきた駅員達は、毛布を持ってきて母親の体を包み込んだ。母親はホームで出産。周辺の乗客たちは一緒に毛布で周辺を囲い、母親と赤ちゃんを保護した。

 

この後、駆けつけた救急隊員が母親と赤ちゃんを病院に移し、2人は無事だった。この夫婦は一週間後、健康な赤ちゃんと一緒に駅員を訪れ、感謝の挨拶を伝えたという。

 

この夫婦を自分のことのように助けた大学生は「他の人でも同じことをしたでしょうから」と、謙遜する態度だったという。

 

ハフポスト韓国版を翻訳・編集しました。