【衆院選2021】20代候補者のリストはこちら。計14人で全候補者のうち1.3%、前回より減少

政党別の内訳は共産4人、自民3人、立憲3人、N党2人、維新1人、やまと1人となっています。
国会議事堂のイメージ写真
国会議事堂のイメージ写真
SOPA Images via Getty Images

10月19日に公示された第49回衆議院選挙で、立候補者のうち20代は計14人だった。前回の衆院選の24人に比べて大幅に減った。ハフポスト日本版の取材に総務省が20日、回答した。

毎日新聞などによると、今回の立候補者の合計は1051人で現行制度下で最少。そのうち20代の比率は約1.3%となった。

前回2017年の衆院選の立候補者の合計は1180人。そのうち20代は23人で、全体に占める割合は1.9%だった。全体に占める割合を見ても、20代候補者の比率が下がっていることが分かる。

今回の20代の立候補者は政党別の内訳でみると、日本共産党4人、自由民主党3人、立憲民主党3人、NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で2人、日本維新の会1人、新党やまと1人となっている

ハフポスト日本版の調べでは、今回の衆院選に立候補した20代候補者は以下の通り。

■衆院選に立候補した20代候補者14人のリスト(年齢順)

吹田英駿(25)=比例東京ブロック(新党やまと)

今井瑠々(25)=岐阜5区(立憲民主党)

野中美咲(25)=大分1区(NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で)

近藤真衣(25)=比例北陸信越ブロック(自由民主党)

松野未佳(26)=比例東京ブロック(自由民主党)

太田彩花(26)=東京16区(日本共産党)

吉川穂香(26)=東京24区(日本共産党)

岸野智康(27)=茨城3区 (日本維新の会)

荒井淳志(27)=石川1区(立憲民主党)

西之原修斗(27)=東京11区(日本共産党)

馬場雄基(29)=福島2区(立憲民主党)

矢島秀平(29)=広島3区(NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で)

木造燿子(29)=比例東海ブロック(自由民主党)

望月亮佑(29)=大阪18区(日本共産党)

※小選挙区と比例代表の重複立候補の場合は、小選挙区のみ記載した。

Popular in the Community