衆院選2021
2021年10月20日 12時04分 JST | 更新 2021年10月20日 15時19分 JST

主要6政党が参加、『U30のための公開討論ライブ』を開催します。若者と政治家が会話する場を【衆院選】

片山さつきさん(自民)、辻元清美さん(立憲)らが登壇。若者世代の質問に直接答えてもらう、政党討論会です。ぜひ、ご視聴ください。

Yuki Takada / HuffPost Japan
「U30のための公開討論ライブ」

ハフポスト日本版は10月21日(木)夜、主要6政党が参加するオンライン討論会『U30のための公開討論ライブ ー政党の皆さん、政治は私たちのために何をしてくれますか?ー』を生配信します。

討論会には与党、野党第一党を含む、6政党(自民、立憲、公明、維新、共産、国民)が参加。U30世代の若者参加者が中心となって、登壇者にさまざまな疑問や意見をぶつけます。

政治家と若者がカジュアルに「会話」する場を作りたい。

そんな思いで企画した討論会です。政治を少し遠くのものに感じている方、どの政党に投票すればいいかわからない方、政治家の「生」の声を聞きたいと思っているたくさんの方々に、ぜひ、ご視聴いただけると嬉しいです。

 

どんな討論会なのか?

討論会は、若者世代に政治ニュース等を発信する「NO YOUTH NO JAPAN」協力のもと、開催します。同団体代表理事で、ハフポスト日本版U30社外編集の能條桃子さんがファシリテーターを務めます。

前回2017年の衆院選では、全体の投票率が53.68%と低い中でも、20代33.85%、10代40.49%と、U30世代の投票率の低さが際立ちました。

ハフポスト日本版とNO YOUTH NO JAPANは、若者の声を政治に反映させるため、U30世代の声を可視化し、政党に届けるために『選挙アップデートfor U30』というプロジェクトを始めました。

今回の「U30のための公開討論ライブ」は、そのプロジェクトの一環として開催します。政党の違いが分かる、有意義な番組にしたいと考えています。

 

主要6政党に、U30が直接質問します

「U30のための公開討論ライブ」のゲストや詳細は以下の通りです。政党代表者には、オンラインでご参加いただきます。

Twitter上で政党に聞いてほしいことなど、意見も募集しています。ハッシュタグを使ってコメントをお寄せください。

▼タイトル
衆院選2021 「U30のための公開討論ライブ ー政党の皆さん、政治は私たちのために何をしてくれますか?ー」

▼配信予定日時
2021年10月21日(木)21時〜22時

▼視聴URL
ハフポスト公式Twitter https://twitter.com/i/broadcasts/1nAKEYmayZaKL

YouTube https://www.youtube.com/watch?v=AeJH99Vrjd4

▼番組ハッシュタグ
#U30のための公開討論※ご意見・感想をお寄せください

▼出演ゲスト(※)

自由民主党 片山さつきさん(元国務大臣、党総務会長代理、参議院議員)
立憲民主党 辻元清美さん(党副代表、前衆議院議員)
公明党 竹谷とし子さん(党広報局長・女性局長、参議院議員)
日本共産党 山添拓さん(党政策副委員長、参議院議員)
日本維新の会 藤田文武さん(党国会議員団副政調会長、前衆議院議員)
国民民主党 伊藤孝恵さん(党副代表、参議院議員)

ファシリテーター 能條桃子さん(ハフポスト日本版U30社外編集委員 / NO YOUTH NO JAPAN代表理事)
質問者 五十嵐悠真さん(大学4年生 / 「入学金」署名発起人)
質問者 中村涼夏さん(Fridays For Future Kagoshima / Japan オーガナイザー)

▼ハフポスト日本版担当者

企画・進行サポート ハフポスト日本版 生田綾
企画・番組ディレクター ハフポスト日本版 中村かさね

▼番組内容

第1部:私たちと日本の将来が不安!政治は私たちU30に何をしてくれますか?

第2部:日本は「先進国」だと胸を張って言いたい!政治は私の環境・人権意識にどう応える?

トークテーマ:学費・就職・賃金・税社会保険負担・結婚・出産・子育て・経済格差・働き方・メンタルヘルス・ジェンダー平等・LGBTQ+・気候変動対策・入管問題・難民問題・教員やエッセンシャルワーカーの賃金、労働環境などを予定しています

(※)討論会にご登壇いただくのは、所属国会議員が5人以上いる6政党とさせていただきました。

 

企画のきっかけは、投票率80%超えのデンマークの話

この企画は、ハフポストU30社外編集委員の能條桃子さんのアイデアから生まれました。

能條さんは、罰金などのペナルティーがないにもかかわらず、国政選挙の投票率が毎回80%を超えるデンマークに留学経験があります。当時、デンマークは国政選挙とEUの議会議員選挙の真っ最中。

若い世代を含めて、国中が選挙をめぐって「大盛り上がり」していたことに驚いたといいます。

能條さん提供
デンマーク留学時の能條さん

選挙期間中は、各政党が街中にブースを立てて、子どもたちや若い人を含めて、集まった人から自由に質問を受ける光景を目にしたそうです。

政治や選挙が、日常の風景として溶け込んでいるーー。能條さんは、日本でも同じようなことができないかと考え、『NO YOUTH NO JAPAN』を立ち上げました。

U30と政治家が対等な立場で向き合い、会話をする。『U30のための公開討論ライブ』は、そんな新しいかたちの「討論会」にしたいと思います。

コロナ禍のためリアルの場での開催は叶いませんでしたが、たくさんの方にとって、投票のヒントになると嬉しいです。

  

「ハフポスト日本版」と「NO YOUTH NO JAPAN」のコラボ企画『選挙アップデート for U30』。ラインナップは以下の通りです。

 ・政党アンケート(後日記事化) 
・「U30のための公開討論ライブ」 10月21日午後9時〜生配信
・4夜連続ハフライブ特番「Vote for Change」 10月25日〜28日午後9時〜配信
・あと◯日…「選挙に行かなきゃ」カウントダウンmini 動画 10月25日〜31日
・このほか、記事多数

ぜひ、プロジェクトにご賛同、応援をいただけますと嬉しいです。

政党や候補者に聞きたいこと、政治に伝えたいメッセージなど、質問やご意見をお待ちしています!

👉👉「選挙アップデート for U30」アンケート

 https://forms.gle/iuNMjfty19xtimiWA