NEWS
2019年07月02日 15時39分 JST

九州大雨、3日(水)から4日(木)にかけて注意 “1ヶ月分の雨”が1日で降るおそれ

総雨量が多いところで1000mmを超えることが予想され、重大な災害が発生する懸念があります。

ウェザーニュース

先週末から九州では断続的に激しい雨が降っています。今日2日(火)は鹿児島で非常に激しい雨が降るなど、依然として雨が続いていますが、明日3日(水)から4日(木)朝にかけては前線の活動がさらに活発化する予想です。

1日で平年の1か月分の雨が降るおそれ

梅雨前線の活動が特に活発となるのは3日(水)昼前から4日(木)の予想です。

鹿児島県や宮崎県、熊本県では3日(水)朝から翌4日(木)朝にかけて、1時間に80mm以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

また、雨が降り続くことで1日の雨量は300mmを超える大雨となるおそれもあります。平年の1か月分を超える雨がわずか1日で降るところもある見込みです。

3日(水)夜から4日(木)にかけては、四国の太平洋側や紀伊半島南部でも大雨のおそれがあります。

長引く雨 地盤は危険な状態続く

九州南部では、先週末からの総雨量が、山沿いの多いところで800mmを超えています。

また、鹿児島市内でも26日(水)以降の総雨量がすでに300mmを超えていて、広い範囲で地盤が緩んでいるとみられます。

3日にかけての大雨で、総雨量が多いところで1000mmを超えることが予想され、重大な災害が発生する懸念があります。

避難情報などの確認を

<今後の注意事項>

・避難は明るいうちに 自治体の情報に注意を
・崖に近い家では、斜面と反対の部屋か、なるべく上の階で過ごす
・田んぼや川の様子を見に行くのは絶対に控えて

気象台が発表する土砂災害警戒情報や、市町村の発表する避難勧告等に留意し、川や急な斜面などには近づかないようにしてください。

【過去事例】九州の梅雨前線豪雨

1993年(平成5年)

6月中旬以降、各地で断続的に強い雨が続き雨量が増加。7月の鹿児島市の総雨量は1054.5mmと観測史上1位を更新した。鹿児島県を中心に7月7日、8月1日、8月6日の被害は特に大きく、死者は合わせて70人以上に達した。

2009年(平成21年)

7月24日~26日にかけて福岡県を中心に集中豪雨に見舞われ、多いところでは1時間100mm以上、総雨量は600mmを超えた。土砂崩れなどで福岡県で10人が死亡、佐賀県や長崎県でも1人が死亡した。

2012年(平成24年)

7月11日から熊本県を中心に大雨となった。14日までの総雨量が多いところっで800mmを超えた阿蘇地方では土石流が多発。熊本県で23人、福岡県で4人、大分県で3人が死亡、熊本県で2人が行方不明となった。

2017年(平成29年)

7月5日から6日にかけて九州北部で集中豪雨。福岡県朝倉市では1時間雨量が129.5mm、5日の雨量が516mmに達し、土砂災害や河川の氾濫が続出。大分県東峰村、日田市も含めて死者行方不明者42人。

2018年(平成30年)

7月6日からの西日本豪雨による大雨。福岡、佐賀、長崎に大雨特別警報が発表された。直前に九州北部付近を通過した台風7号の被害と合わせて、福岡、佐賀、宮崎、鹿児島で合わせて9人が死亡。

関連記事