WORLD
2019年12月10日 17時19分 JST | 更新 2019年12月10日 17時20分 JST

ネイサン・チェンのユニークな衣装は、彼のこだわりの産物だった(画像集)

「本当にスパンコールが嫌いなんだ」「僕が求めているのは着心地がいい服だ」

NurPhoto via Getty Images
フィギュアスケート・グランプリファイナルのフリーで圧巻の演技を見せるネイサン・チェン選手

イタリア・トリノで12月7日、開かれたフィギュアスケート・グランプリファイナル。世界最高得点を更新して3連覇したのは、アメリカのネイサン・チェン選手だった。

2位となった日本の羽生結弦選手も「少し嫉妬しているが、彼を本当に尊敬している」とエールを送るほどの圧巻の演技だけでなく、フリーでのチェンの衣装にも注目が集まっている。

他の選手の多くが、キラキラと光るスパンコールを散りばめた衣装に身を包む中で、チェン選手は黄色と白のゆったりとした上着と黒いズボンの衣装だった。

一般的なフィギュア選手の衣装とは全く異なる姿。ネット上では「練習着かと思った」「卵焼きみたい」と辛辣な声も出ている一方で「ネイサンはそこでバランス取らないと一人勝ちが過ぎてしまう」「シンプルな衣装だから技術が映える」と評価が分かれている。

 

■「僕が求めているのは着心地がいい服だ」

チェン選手の衣装を制作しているのは、アメリカの著名なデザイナー、ヴェラ・ウォンさんだ。オリンピック・チャンネルによると、今大会でも「僕が求めているのは着心地がいい服だ」とチェン選手は話していた

逆に派手なコスチュームは苦手なようで、ニューヨーク・タイムズにに対して 「僕は本当にスパンコールが嫌いなんだ」と話している。 

これまでのチェン選手の衣装を画像集で振り返ろう。

ASSOCIATED PRESS
韓国・平昌オリンピックの男子シングル・ショートでの衣装(2018年2月9日撮影)
ASSOCIATED PRESS
イタリア・ミラノで開かれた2018年世界フィギュアスケート選手権のショートでの衣装(3月22日撮影)
ASSOCIATED PRESS
2018年フランス国際大会のフリーでの衣装(11月24日撮影)
ASSOCIATED PRESS
さいたま市内で開かれた2019年世界フィギュアスケート国別対抗戦のショートでの衣装(3月21日撮影)
ASSOCIATED PRESS
福岡市内で開かれた2019年世界フィギュアスケート国別対抗戦のショートでの衣装(4月11日撮影)
ASSOCIATED PRESS
福岡市内で開かれた2019年世界フィギュアスケート国別対抗戦のフリーでの衣装(4月12日撮影)
ASSOCIATED PRESS
2019年スケートアメリカのフリーでの衣装(10月20日撮影)
ASSOCIATED PRESS
2019年11月1日、フランス国際フィギュアスケート大会のショートでの衣装
ASSOCIATED PRESS
2019年11月2日、フランス国際フィギュアスケート大会のフリーでの衣装
ASSOCIATED PRESS
2019年12月5日、イタリアで開催されたグランプリファイナルのショートでの衣装