おばたのお兄さんが「初めてのワンオペ」を報告。子守唄に森山直太朗さんの歌を熱唱?【動画】

おばたのお兄さんが「初めてのワンオペ」に挑戦!素敵な1日を過ごしていました。
おばたのお兄さん
時事通信
おばたのお兄さん

お笑い芸人・おばたのお兄さんが、自身のユーチューブ「おばたのお兄さんといっしょ」を更新。

8月27日に第一子となる男の子が誕生して以来、初めて子どもと二人きりの時間を過ごしたそうです。

妻から「頑張ってね、ワンオペ」

冒頭、おばたのお兄さんが「マッサージにでも行ってきてください」と、妻でフジテレビアナウンサーの山﨑夕貴さんを送り出します。

山﨑さんは「リラックスさせてもらいます。頑張ってね、ワンオペ」とエールを送っていました。

おばたのお兄さんは早速、寝かしつけに奮闘。泣く赤ちゃんをあやしながら、ミルクを飲ませることにしました。

そして、ミルクを飲ませながら森山直太朗さんの歌を「子守唄」として熱唱。うまくゲップもさせていました。

寝て、泣いて、抱っこして…の繰り返し

続いてはオムツ替え。

「(ミルクを飲んだ時に)ゲップがうまくいっていないと、この時に吐いちゃうこともあるからね」と話しています。

オムツを替えたと思ったら、またすぐ排泄をしたため、再びオムツ替えの作業に。

そうこうしているうちに、山﨑さんが帰ってきました。

寝て、泣いて、抱っこして、泣き止むの繰り返しだったと報告したおばたのお兄さん。

山﨑さんに「ぐずぐずだと辛くなってこない?」と聞かれると、「そこはど根性でね。心が折れるとかはなかったけど、これが何日も何日も続いたら『へにょにょ』ってなっちゃうかもね」と語っていました。

この動画を見た人たちからは、「ワンオペ育児お疲れ様です」や「幸せそうでほっこり」、「子守り唄の熱唱、大爆笑しちゃいました」といったコメントが寄せられていました。

ホームページへ