NEWS
2020年08月13日 19時08分 JST | 更新 2020年08月13日 19時10分 JST

虹が東京都心に出現。ゲリラ豪雨の直後の夕暮れどき

午後5時台、きれいな虹🌈 が東の空に浮かび上がった。

安藤健二
8月13日午後5時40分ごろ、東京都台東区の「防災広場 初音の森」で撮影

8月13日午後、東京都心は激しい雷を伴うゲリラ豪雨に見舞われたが、夕暮れどきには雨が上がった。午後5時台に、夕日の反対側にある東の空にきれいな虹がアーチを描いた。

台東区の「防災広場 初音の森」の前では多くの人が足を止め、空に描かれたつかの間のアートをスマホやカメラで撮影していた。

場所によっては二重の虹が見えたところもあった模様で、毎日新聞写真部のTwitterが写真を投稿している

デジタル大辞泉によると、虹は雨上がりに、太陽と反対方向地表から空にかけて現れる七色の円弧状の帯。空中の水滴によって太陽光が分散されて生じる。