geriragou

九州から東北南部にかけては35℃以上の猛暑日となる地点が多くなる一方、東日本の内陸部や西日本はゲリラ豪雨・雷雨があります。
高くまで発達した入道雲が近づいてきたり、空に広がる雲の底が濃い灰色や黒っぽく見えてきたら、要注意のサインです。
昼間は外出危険レベルの暑さが続きますが、外出する場合は折りたたみ傘を忘れずに持ち、洗濯物も早めに取り込んでおくと安心です。
午後5時台、きれいな虹🌈 が東の空に浮かび上がった。
1960年代からマスコミが使用も、正式な気象用語ではなかった。2020年のゲリラ豪雨の発生ピークは8月上旬に。
夕方から夜にかけて西日本各地では大気の不安定な状態が続き、局地的には激しい雨が降り、道路が冠水したり中小河川が増水するおそれがあります。
梅雨が明けた後はゲリラ豪雨が発生しやすく、特に西日本の太平洋側は去年より多い予想となっています。
東北南部や北海道の山沿いを含むエリアで発生回数が多く、100回以上発生するところが多くなる予想です。
江戸川区が11年ぶりに改訂した水害ハザードマップの表紙中央に浮き上がる「ここにいてはダメです」のコピーが、話題を集めた。