WORLD
2019年04月08日 12時37分 JST | 更新 2019年04月08日 12時58分 JST

性的暴行を訴える女性に「足は閉じましたか?」と裁判官。停職処分の可能性も

このような質問によってさらに傷つけることになりかねず、実にひどい」と委員会

Chris Ryan via Getty Images
法廷の様子 イメージ写真

アメリカ・ニュージャージー州の裁判官が、性的暴行の被害を訴えた女性に対し、不適切な質問をし、問題視されている。諮問委員会はその裁判官に対し、3カ月の無給停職処分を提言している。

委員会は4月初めに、ニュージャージー州の家庭裁判所のジョン・ルッソ Jr. 裁判官に関する提言書を発表した。調査では、ルッソ裁判官本人や、20人を超える関係者への質問を含んでおり、結果ルッソ裁判官はこの数年に何度も司法行為規約を違反している、と判断された。Washington Postが報じた。

1例として挙げられたのは、2016年に男性から性的暴行を受けたと訴え、接近禁止命令を求めた女性に対する発言。被害を訴える女性に対し、ルッソ裁判官は「誰かから性行為を求められた時、あなたは止める方法を知っていますか?」と質問したという。

女性は「NOと言う事、走って逃げる事、抵抗する事」と言うと、ルッソ裁判官は「足は閉じましたか?警察を呼びましたか?それらのいずれかをしましたか?」と続けたという。ルッソ裁判官はこの裁判で、結局彼女の要求を却下した。

これらの記録は、ルッソ裁判官が原告が主張する性的暴行に関して、彼女がどのように防ごうとしたかについて、極めて詳細な質問をしたことを示した。

委員会は、それを無礼で不適切で「苦しい出来事の末、正義を求めて裁判に来た原告に対し、このような質問によってさらに傷つけることになりかねず、実にひどい」と判断した。

またそれらの質問は「不当」で、接近禁止命令の発令を検討するのに不要である、とした。ルッソ裁判官はこれらの質問は詳細を求めただけで悪意はなかった、と話した。

委員会によると、他にも違反と見られる行為が過去複数回行われていたという。

停職処分に加え、委員会はルッソ裁判官に「適切な法廷での振る舞い」の研修の受講を義務付ける事も提言している。

AP通信によると、ルッソ裁判官は2017年から休職中で、7月に行われる最終審理の前に、提言に返答するチャンスが与えられている。

性犯罪や性的虐待についての裁判では、日本でも無罪判決が立て続き、話題になっている。一方アメリカでは、判決内容のほか、さらに裁判官の発言や法廷での質問内容についても、議論に上がっている。