『イカゲーム』米SAG賞で主演男優・女優賞受賞の快挙

主演のイ・ジョンジェとチョン・ホヨンは、非英語作品から初めてドラマ部門の主演男優賞と主演女優賞に輝くという歴史的な快挙を成し遂げた。
|
SAG賞のドラマ部門主演男優賞を受賞したイ・ジョンジェ(左)と主演女優賞を受賞したチョン・ホヨン(右)<br>2022年2月27日アメリカ・サンタモニカ 第28回SAG Award
SAG賞のドラマ部門主演男優賞を受賞したイ・ジョンジェ(左)と主演女優賞を受賞したチョン・ホヨン(右)
2022年2月27日アメリカ・サンタモニカ 第28回SAG Award
via Associated Press

世界で大ヒットとなったNetflixオリジナルドラマ『イカゲーム』が、第28回SAG(全米映画俳優組合)賞で快挙を成し遂げた。

2月27日にアメリカ・サンタモニカで行われた授賞式で、主演のイ・ジョンジェはドラマ部門の主演男優賞を、チョン・ホヨンは同部門の主演女優賞を受賞した。非英語作品からドラマ部門の主演男優賞と主演女優賞が受賞するのは初めて。同作はスタント・アンサンブル賞(コメディ&ドラマシリーズ)も受賞している。

それぞれの名前が呼ばれると、共演者たちは歓声をあげて喜んだ。

イ・ジョンジェは受賞スピーチで、驚きながら「とても大きなことが起こった」と話し、「世界にいる視聴者のみんなの『イカゲーム』への愛にとても感謝している」と述べた。

チョン・ホヨンは涙を抑えながら、「みなさんの映画を何度も見て、いつか俳優になることを夢見てきた」と話し、会場にいた多くの俳優たちに感謝を述べた。また『イカゲーム』クルーの名前を挙げ、「大好き!ありがとう!」と語りかけた。

『イカゲーム』は2021年秋に公開されてから口コミで人気が広がり、Netflixで最も視聴されたシリーズの一つとなった。

同作品の受賞は、ハリウッド全体やSAG賞における韓国のリプレゼンテーション(社会を構成する人々や文化の多様性を示す表現)を高め続けている。『パラサイト 半地下の家族』は2020年のSAGアワードでキャスト賞を受賞し、その後アカデミー賞では作品賞と監督賞などを受賞するという快挙を成し遂げた。

しかし今回の『イカゲーム』とは違い、『パラサイト 半地下の家族』の俳優陣は個人でのノミネーションはなかった。これは、ハリウッドの長年にわたる「アジア人消去」によるものだ。『イカゲーム』への評価や、2021年の『ミナリ』でSAG賞やアカデミー賞で助演女優賞を受賞したユン・ヨジョンは、この「アジア人排除」パターンを覆し始めている。

これから、韓国人や他のアジア人俳優たちが、個人として評価されることが期待されている。

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集・加筆しました。

ホームページへ