NEWS
2020年01月23日 12時49分 JST

「お小遣い 値上げトライも 逆ジャッカル」 サラリーマン川柳、優秀作100選を発表

3月16日までのネット投票を受け付け、5月にベスト10選が発表されます。

投票を受け付けている第一生命の「サラリーマン川柳」公式サイト

サラリーマンの思いを込めた味わい深い句が人気の「サラリーマン川柳」。主催する第一生命が1月23日、寄せられた53194句の中から優秀作品100句を発表した。

発表された100句は、時勢を反映した作品やクスッと笑える作品、悲哀を感じる作品などバラエティーに富んだ秀作ばかりだ。

ASSOCIATED PRESS
日本中を熱狂させたラグビーワールドカップ

2019年は日本代表が初のベスト8進出を果たすなど、日本中を熱狂させたラグビーワールドカップが日本で開催された。100句の中にも、ラグビー用語を織り交ぜた作品が数多く見られた。 

「お小遣い 値上げトライも 逆ジャッカル」 

「初めての デートにトライ NO再度」

「ジジババも 子育て参加 ワンチーム」

minokuniya via Getty Images
2019年には消費税が増税された

2019年10月に8%から10%へと引き上げられた消費税をめぐる句も数多くあった。

「10% バブルは金利 いま税金」

「シメシメと 増税前に 無駄遣い」

消費増税に合わせて導入されたキャッシュレス優遇策もあり、電子決済が拡大した。

「万一に キャッシュ握って 初ペイペイ」

「増税が 分からなくなる スマホペイ」

「カッコよく スマホ決済 あとで泣き」

 

Morsa Images via Getty Images
働き方改革や長時間労働の是正が叫ばれる

ライフワークバランスや働き方改革が盛んに叫ばれる昨今。かけ声ばかりで、なかなか思うように進まない実態への嘆きの川柳も。

「会議数 減らせないかと 会議する」

「長時間 会議で決めた 時短案」

Pool via Getty Images
新元号を発表する菅義偉官房長官

2019年5月には元号が平成から令和へと改まった。新元号にちなんだ作品も目立った。

「会議では 令和最初が 定型文」

「『令和初!』 通常業務も プレミア感」

「無駄遣い 言い訳いつも 『令和初』」

LightFieldStudios via Getty Images
2019年は老後の蓄えへの不安も盛んに議論された

金融庁が、公的年金以外に老後資金2000万円が必要とする報告書をまとめていた「老後2000万円問題」に関連し、老後への不安を吐露した句もあった。

「足りないの? そもそも無いよ 2000万」

「定年や 辞めるに辞めれぬ 2000万」

100選は第一生命のサラリーマン川柳の公式サイトで見られる。3月16日まで投票を受け付け、結果を受けて5月下旬にベスト10が発表される。