「元気を出すためにちょっと贅沢な忘年会にしようよ」と私が提案した。
日増しに東京で働いてる人のストレスが高まってる気がする。
「自分は他の人と随分違う」という認識の度合いが大きいのであれば、周囲と同じことをしても幸せな充実した人生は得られないと覚悟を決め、周囲の人たちと違う方向へ一歩踏み出すことが必要だろう。
無謀なアメリカでの挑戦。「日本式サラリーマン」の技術を武器に戦ってきた。
サラリーマン稼業も長くなってくると、エネルギー消費を抑える“スタイル”が人生効率的に望ましくなってくることがある。
膨大なインプットが得意な人だったとしても、それが実業務上で反映されていなければ近視眼的には価値がない人材です。