NEWS
2019年03月04日 17時38分 JST | 更新 2019年03月04日 18時56分 JST

世界初のAI女性アナウンサーが誕生。実在のアナをモデルに流ちょうなトークも

新華社などが開発。全人代の期間中にデビューへ

流暢な喋りはもちろんのこと、途中で噛むこともない━━。

中国国営メディアの新華社は3月3日、同社とポータルサイトなどを運営する捜狗が共同で開発し、中国でAIの技術を使った合成女性アナウンサーが誕生したと発表した

AI合成による「女性」のアナウンサーの誕生は世界初だという。他の現地メディアもこのニュースを相次いで報じた

腾讯视频
新華社と検索サイトの捜狗が開発したAI合成女性アナウンサーの新小萌

新華社によると、このAI合成女性アナウンサーは新小萌(シン・シャオモン)という名で、声と容姿は同社の屈萌(チー・モン)アナウンサーをモデルに制作されたという。

3月5日に開幕する、第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議で登場する。

中国の動画サイトでは、AI合成女性アナウンサーが自己紹介している様子がアップされている。

 

AI合成女性アナウンサー・新小萌による自己紹介は、以下の通り。

◇ ◇ ◇

皆さん、こんにちは。

新華社へようこそ。

新華社と捜狗に育て上げられた世界初のAI合成女性アナウンサーです。

新小萌と申します。

私の声と姿は新華社ニューメディアセンターの屈萌(Qu Meng)アナウンサーをモデルに合成されたものです。

今年の両会(全人代、政協)の期間中にお目にかかります。

◇ ◇ ◇

 新華社通信は2018年11月7日、人工知能(AI)の技術を使った男性アナウンサーをお披露目していた