anaunsa

職場での義理チョコ文化に抱く違和感。「そもそも私たちは男女平等に皆同じように働いているのに...」
30歳を迎えた弘中綾香アナ。女性としての生き方を大きく変えた、ある出会いについて赤裸々に語った。
【加藤藍子のコレを推したい、第4回】『夢で逢えたら』(吉川トリコ著)の主人公たちは、あまり友達になりたくないタイプだ。しかし、女たちの最高の景色を見せてくれる。
「埋もれそうになっている小さな声を届けたい」。そんな思いでニュースを伝えてきた20年半。テレビ朝日の報道番組を卒業した長野智子さんよりブログが届きました。
『報道ステーション SUNDAY』や『サンデーステーション』などテレビ朝日の報道番組の顔として活躍してきた。
MCを務めている同局系『バゲット』の後任は、入社6年目の平松修造アナが務める。
自身のブログを更新。今後については、「まず今月は慌てずに自宅でのリモートワークを中心にやっていこうと思っています」
『NEWS23』メインキャスターの小川彩佳さんは、「働きながら子どもを育てることを願っている女性の多くが、共通で抱えているものがあると思う」と語る。
「TBS NEWS」のTwitter公式アカウントにアップされた動画の中で、「『女子アナ』と呼ばれること」について自身の意見を語りました。
「11月23日(いいふさいの日)にかねてよりお付き合いしていました大学時代の同級生と結婚しました」と報告しました。