anaunsa

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に関するニュースを読み上げる中、涙を見せた松尾アナ。この様子が、海外メディアでも報道された。(2022年上半期回顧)
安住紳一郎アナの言葉に支えられたという局アナ時代を経て、2021年10月からドイツに移住。「自分の心に正直に生きられるようになった」と話す彼女の新たな挑戦に迫った。
彼らはコロナ対策でマスクをつけているわけではない
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に関するニュースを読み上げる中、涙を見せた松尾アナ。この様子が、海外メディアでも報道されている。
「悔しい思いで読んでしまいました」と謝罪した松尾アナ。アナウンサーが涙しながら訴えた例は過去にもあり、決して少なくない。過去の例を踏まえ、「アナウンサーは泣いてはダメなのか」という論点を改めて考えた。
賞賛された有働アナと番組側の判断。緊迫した状況での中継で大事なこととは何か。放送での中継業務を経験した一人として、改めて考えました。
服が乱れた様子のまま呼びかけた。「優しさが沁みた」「非常時にこう言ってくれると安心感が強い」と反響が広がっています。
「限られた水と食料で命を繋いでいます」と状況を報告。青山さんはテレビ朝日のアナウンサーから国連機関の職員に転身。2021年に開催された東京パラリンピックでは難民選手団に同行していた。
同期の青木アナから『ナショナルジオグラフィック』まで…。たくさんのエールが寄せられています。
安住紳一郎アナの言葉に支えられた局アナ時代を経て、2021年10月からドイツに移住。「自分の心に正直に生きられるようになった」と話す、彼女の新たな挑戦。