NEWS
2019年07月18日 13時01分 JST | 更新 2019年07月18日 13時01分 JST

京都アニメーションの火災、新海誠監督らが心配の声「どうかどうかご無事で」

京都アニメーションの関連会社で「らき☆すた」などを手がけた山本寛監督も、「ちょ…ええ!?」と驚きを投稿。

時事通信社
新海誠監督

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」の第一スタジオで7月18日起きた火災を受けて、アニメ業界などから心配の声が寄せられている。

「君の名は。」などで知られる新海誠監督は、けが人が出ている状況などを踏まえて、京アニの関係者に向けて「どうかどうかご無事で」と祈った。

脳科学者の茂木健一郎さんは、事件のショックをつづった上で、「こんなことがあっていいのでしょうか。。。あまりにもひどすぎます」と驚愕した。

タレントの足立梨花さんも、「え。京アニ…大丈夫かな…」と心配した。

京都アニメーションの関連会社で「らき☆すた」などを手がけた山本寛監督も、事件を報じるニュースをリンクを投稿し、「ちょ…ええ!?」と驚きを投稿。「アカン、ちょっと何考えていいか解らん。 落ち着こう。」と動揺を隠せない様子だった。