2020
2019年11月01日 12時21分 JST | 更新 2019年11月01日 13時13分 JST

東京オリンピック、マラソン・競歩の札幌開催が決定。小池知事「IOCの決定に同意はできないが…」

小池百合子都知事は「IOCの決定に同意はできないが、IOCが下した決定を妨げることはしない」などと述べ、決定を受け入れる考えを示した。

Reuters
マラソンのイメージ写真

2020年東京オリンピックのマラソン・競歩の開催地が、東京から札幌に変更されることが決まった。 11月1日に開かれた国、東京都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)の4者協議で、都が了承した。

ジョン・コーツ大会調整委員会委員長は、東京オリンピックのマラソン・競歩について、調整委員会での4つの合意内容を説明。

内容は以下の通り。

1.会場変更の権限はIOCにあること

2.マラソン、競歩の会場が札幌に変更された際に発生する新たな経費は、東京都に負担させないこと

3.既に東京都、組織委員会が支出したマラソン、競歩に関する経費については、精査・検証の上、東京都において別の目的に活用できないものは、東京都に負担させないこと

4.マラソン・競歩以外の競技については、今後、会場を変更しないこと

コーツ委員長は内容の議論はしないと断った上で、国、東京都、組織委員会の意向を確認した。

これに対して小池百合子東京都知事は「IOCの決定に同意することはできないが、最終決定の権限を有するIOCが下した決定を妨げることはしない」などと都の見解を説明。「あえて申し上げると合意なき決定です」と不満を表明しながらも、事実上決定を受け入れる考えを示した。

マラソン・競歩の開催をめぐっては、暑さ対策で、東京都が開催時間を早める案などを検討していたのに対して、IOCが開催地を札幌に移す案を提案していた。