NEWS
2019年11月03日 18時45分 JST | 更新 2019年11月03日 18時57分 JST

「忘れがたい大会に」ウェールズ代表が日本人ファンからの手紙を公開。感謝の全面広告も【ラグビーワールドカップ】

「北九州は私たちウェールズ国民にとって、特別な場所になりました」と、3つの言葉で感謝を伝える全面広告も掲載した。

公式ツイッター
ラグビーワールドカップ3位決定戦で破れたウェールズ代表(上)、日本人のファンから寄せられた手紙(左下、中下)、ウェールズラグビー協会が掲載した全面広告のメッセージ

9月20日に開幕したラグビーワールドカップ日本大会は、11月2日に幕を閉じた。日本が史上初となるベスト8進出を決めるなど、たくさんのドラマが繰り広げられた今大会、心温まるエピソードが話題となっている。

11月1日にニュージーランドとの3位決定戦に臨んだウェールズ代表は、試合前に公式Twitterを更新。「日本の人々がどれだけこの大会を忘れがたいものとしてくれたか、一例です」として、ある日本人女性と思われるファンからの手紙の画像を公開した。

 手紙には、丁寧なブロック体で「ウェールズの皆様へ」として、2枚のノートにこうつづられている。

「ワールドカップが日本で開催され、嬉しいです。

私は北九州での合宿から、大ファンになりました。

私の息子たちも皆さんのプレーが大好きです。

試合では力強く、プライベートではとてもフレンドリー。そんな皆さんが、息子たちは大好きで、憧れの存在です。

有名で尊敬される皆さんとご一緒できて、私はいつも嬉しかったです。

あなたたちに憧れる息子たちの姿を見ることも幸せでした。

私は、あなた方の大ファンになりました」

 

「夢を見せてくれて、ありがとう。

優しいスタッフと選手の皆さんに、いつも感謝しています。

素晴らしいプレーを、ありがとうございました。

ウェールズのファンも、とても素敵な方たちでした。

心から応援していました。

お怪我に気をつけて。素晴らしい日々をお過ごしください。

Tomoko」

ウェールズ代表の投稿には、「トモコと彼女の息子さんたちは、私たちが2カ月前に北九州に到着してから、ずっとウェールズチームを追いかけてくれました」と綴られ、最後は日本語で「手紙ありがとうございました。心より感謝します。」と結ばれている。

 

全面広告、3つの言葉で「ありがとう」

ウェールズラグビー協会も、11月2日の毎日新聞朝刊にキャンプ地・北九州市への感謝のメッセージを全面広告で掲載

「北九州は私たちウェールズ国民にとって、特別な場所になりました」として、「“Diolch”(ウェールズ語で「ありがとう」) Thank you(英語で「ありがとう」) ありがとうございました。」と3つの言葉で感謝を伝えた。