NEWS
2020年02月16日 16時00分 JST | 更新 2020年02月16日 16時15分 JST

西日本で今季最も強い寒気の予想… 九州では初雪が大雪のおそれも

入学試験など緊急の外出の場合は、最新の情報を確認して早めの移動を心掛けるようにしてください。

2020/02/16 11:55 ウェザーニュース

今日16日(日)は、日本海を進む低気圧からのびる前線が通過して西日本では雨が降っています。前線が通過した後は、上空にこの冬最も強い寒気が流れ込む予想です。

ウェザーニュース
上空1500mの寒気予想

明日17日(月)は、平地で雪が降る目安とされる強さの寒気にすっぽりと覆われるため、九州や中四国の市街地でもミゾレや湿った雪が降って山沿いを中心に大雪になる恐れがあります。


九州は最も遅い初雪で大雪か

ウェザーニュース
17日0時〜24時の積雪予想

福岡市の最も遅い初雪は1909年に観測された2月6日。明日17日に初雪が観測されれば、1890年の観測開始以来最も遅い初雪になります。

市街地では雪が積もってもウッスラ程度の積雪となる見込みですが、山沿いではシッカリと道路に雪が積もる恐れがあります。

車の運転は冬タイヤが必須です。雪や吹き荒れる強風の影響で交通機関にも影響が出る恐れがあります。入学試験など緊急の外出の場合は最新の情報を確認して早めの移動を心掛けるようにしてください。

 

積雪の状況・変化の予想がひと目でわかる!

ウェザーニュース

スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」で、積雪状況・予想がアニメーションで簡単に見られるようになりました。

表示方法は、画面下側の「レーダー」タブを選び、左上「積雪モード」をタップするだけ。
今の積雪状況や今後どう変化する予想かを72時間先まで表示。拡大縮小も自由自在なので、外出に役立つこと間違いありません!

アプリ「ウェザーニュース」の新機能「レーダー(積雪モード)」をぜひご活用ください。
>>アプリ「ウェザーニュース」ダウンロードはこちらから