新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年02月21日 13時41分 JST | 更新 2020年06月16日 00時05分 JST

コクミンドラッグ、品薄マスクを高額商品とセットで販売。「販売方法を工夫しようという店長の指示だった」広報明かす

16の店舗が、品薄が続くマスクと高額商品を抱き合わせて販売していた。

薬局チェーン大手・コクミンドラッグは、品薄状態のマスクを他の高額商品とセットで販売する、いわゆる「抱き合わせ商法」をしていたことを認めた。広報担当者が2月21日、ハフポスト日本版の取材に回答した。

コクミンドラッグは各店舗にこうした販売方法を取りやめるよう通達し、公式サイトで「このような販売方法を実施したことについては、大変申し訳なく思っております」と陳謝した。

時事通信社
コクミンドラッグの店舗

500円のマスクを9000円の高額商品と抱き合わせて販売

『コクミンドラッグ』は全国で192店舗を展開。そのうち、16の店舗で500円程度で販売しているマスクを最高で9000円ほどの高額商品とセットにして販売する、いわゆる“抱き合わせ販売”を実施していた。

広報担当者はハフポストの取材に「2月13日の夕方に事実を把握し、翌14日の午前中には、そのような販売方法を中止するよう各店舗に通達しました」と明かした。

21日正午までに会社側が把握している販売例としては、マスクと栄養ゼリーなどをセットにし1000円から2000円で販売したり、化粧品と抱き合わせて9000円前後で販売したりするなどといったケースがあったという。

当初、会社側はこの事実を把握できていなかったが、買い物客から「この販売方法は、流石にひどいのではないか」などと苦情が相次いで寄せられたことから発覚したという。

この件については、文春オンラインが2月19日、中国人客を対象に高額栄養ドリンクなどを抱き合わせて販売していたものを誤って日本人客も購入したなどと報じていたが、会社側はこれを一部否定。

「国籍に関わらず、日本人客を含む全てのお客様に対してセット販売を行ってしまいました。その点については大変申し訳なく思っておりますが、中国人のお客様に対して差別をし、このような販売方法をとった訳ではありません」と説明した。

「販売方法の工夫の一環だった」

コクミンドラッグでは、店舗運営については「その一部は各店の店長それぞれに任せている」という。

会社側は、この度の抱き合わせ販売についても各店舗の店長の発案だったと認めた。

「利益を求めるゆえの戦略だったのか」と聞いたところ、明言はしなかったものの、「販売方法を工夫しようという一環で店長が指示をした」とした。

そのうえで、「品薄状態が続くマスクの需要が高まる中で、このような販売方法を実施したことについては、大変申し訳なく思っております」と陳謝した。

16の店舗の詳細については、「公表は控えさせていただく」との回答だった。

現在、社内による販売方法の調査が行われているが、「抱き合わせ販売をしていた店舗がまだある可能性があります」と同様の販売方法をとった店舗が今後の調査の結果次第では増える可能性を示唆した。

会社側は2月19日、公式サイトで「社内調査終了後には、再発防止策として、販売方法の見直し、教育の強化を行い、適切な店舗運営を徹底してまいります。
このたびはご心配をおかけいたしまして誠に申し訳ございません」とコメントしている。