「僕を笑い者にしてください」デーブ・スペクターさんが3.11にツイート

毎年「オチのない」ツイートが温かい。
デーブ・スペクターさん
デーブ・スペクターさん
時事通信フォト

タレントのデーブ・スペクターさんは毎年、3月11日前後に東日本大震災に思いを寄せたツイートをしている。2020年も午前6時半ごろに投稿し、話題となっている。

「9回目の3月11日がやってきました」から始まるツイートでデーブさんは犠牲者の冥福を祈り、被災者や福島第一原子力発電所で働く作業員、さらに新型コロナウイルスの感染拡大に影響を受けている日本人全体に呼びかけた。

「ささやかですが、僕を笑い者にしてください。ユーモアがあれば、電気がなくても世の中を明るくできます」

そして最後は「すみません、オチはありません」と締めくくった。

デーブさんは普段、ダジャレやオチのあるツイートをすることが多いが、東日本大震災に思いを寄せたツイートは、毎年「オチがない」のが特徴だ。

震災の翌年、2012年からのツイートを振り返ってみよう。前向きで愛とユーモアのある投稿に、元気をもらえるかもしれない。

【2012年】

【2013年】

【2014年】

【2015年】

【2016年】

【2017年】

【2018年】

【2019年】