NEWS
2020年04月14日 10時00分 JST

熊本地震から4年。崩れた熊本城や、震度7の揺れ受けた街並み...写真で当時を振り返る【画像集】

仮設住宅で暮らす人が今も3000人以上いるなど、復旧・復興の道半ばだ。当時の様子や、現在の姿などを写真で振り返る。

災害関連死を含め275人の命を奪った2016年の熊本地震から4月14日で4年となる。

熊本では、仮設住宅で暮らす人が今も3000人以上いるなど、復旧・復興の道半ばだ。当時の様子や、現在の姿などを写真で振り返る。

※地震発生直後の崩壊した家屋などの画像があります。

時事通信社
熊本地震で崩れた熊本城の石垣=2016年4月15日、熊本市 

熊本地震では、4月14日午後9時26分に震度7の揺れを観測する前震があったのを皮切りに、度々震度6を超える揺れに襲われた。4月16日には、再び震度7を記録した本震が発生した。

熊本市にある熊本城は瓦や石垣などが崩れ、現在も復旧工事が進められている。

時事通信社
屋根瓦やしゃちほこなどが崩れた熊本城=16日、熊本市 
時事通信社
地震で倒壊した家屋。地震から6日が経過した=20日、熊本県益城町 
時事通信社
倒壊した家屋のがれきが残る熊本県益城町=20日午後
時事通信社
地震で半倒壊した熊本県益城町の町並み=4月16日、熊本県益城町 

2度にわたり震度7の揺れを観測した益城町(ましきまち)では、建物の倒壊などで多くの死者が出るなど、大きな被害を受けた。

時事通信社
地震により、倒壊した家屋と横転した車=18日、熊本県西原村 
時事通信社
土砂災害のあった南阿蘇村河陽地区=20日、熊本県南阿蘇村 
時事通信社
2016年の熊本地震で被災した熊本城。21年に修復完了を目指す天守閣は大天守の外観修復を終え、内装や小天守の工事が続いている=9日、熊本市中央区