NEWS
2020年04月22日 12時57分 JST | 更新 2020年04月22日 13時02分 JST

「ありがとう台湾!」日本にマスク200万枚寄贈で歓喜の声。蔡総統「コロナと闘う日本の役に立てば」

新型コロナウイルス拡大防止のため、台湾政府が日本に寄贈した200万枚のマスクが4月21日に到着。SNSでは、隣人からの温かな善意に感謝と称賛の声が湧き上がっている。

時事通信社
台湾から成田空港に到着したマスクが入った貨物

新型コロナウイルスの感染拡大を巡る人道援助として、台湾政府から日本に寄贈されたマスク200万枚が4月21日、成田空港に到着した。

時事通信社などによると、寄贈されたのは、医療現場などで使われるサージカルマスク。病院や学校などへの配布が検討されているという。貨物機から降ろされた大量のマスクには、「台湾日本友好」などと書かれた横断幕が掲げられた。

台湾の蔡英文総統は4月18日、Twitterに

「マスクが少しでもCOVID-19と闘う日本の役に立てれば。 共に戦えば、一人一人の力の和より大きな力を生み出せる!」と日本語の文章で投稿。

投稿に貼り付けた3分間の動画では、蔡総統は

「この危機が何かを教えてくれているのだとしたら、それは団結することでより強くなれるということです」「世界が助けを必要としている時、傍観はしていられません。台湾は世界とつながりたいと思っています」と語りかけた。

 Twitterでは「多謝台湾(ありがとう台湾)!」「コロナが収まったら台湾に行く」「必要な人のところに届きますように・・・」などと称賛の声が溢れた。