新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年05月02日 16時51分 JST | 更新 2020年06月03日 17時21分 JST

ドライブイン式の音楽ライブがヨーロッパで開催。車間距離を保って、車に乗ったまま参加【新型コロナ】

音楽イベントが延期や中止を余儀なくされる中、デンマークとドイツで開かれました。

人と人の接触を避けるため、PCR検査といった医療現場や飲食店などでドライブスルー方式が採用されている。

デンマークやドイツでは、スルーではなくドライブイン方式で音楽ライブが開催された。

ドライブイン式ライブをしたのは、デンマーク出身のシンガーソングライターのマッズ・ランガー氏。

MIKKEL BERG PEDERSEN via Getty Images
ドライブイン式ライブの様子

Forbesによると、ランガー氏はデンマークのオーフスに野外ステージを設営し、ステージ前に整列駐車した参加者に向けて演奏。演奏はFMラジオを通じて車内に届けられ、参加者はクラクションを鳴らして盛り上げた。

さらに、Zoomを活用して参加者との交流もした。

MIKKEL BERG PEDERSEN via Getty Images
ドライブイン式ライブの様子

ライブは4月24日に開催された。ドライブイン方式での開催を周知したのはその6日前だったが、500枚数のチケットが完売したという。

ランガー氏はステージ上から「たくさんのライブで演奏してきたが、こんな形は初めて」と語りかけていたという。

ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つため、車と車の間にスペースを空けて駐車された。

またドイツ・デュッセルドルフでも4月30日、音楽フェス「Big City Beats World Club Dome」がドライブイン式で開催。

暗闇の中、会場に詰め掛けた車がペンライト代わりにハザードランプを点滅させ、光のステージが出来上がった。

DJやMCの呼び声に合わせて、一斉にクラクションを鳴らして応えるシーンもあった。

 

新型コロナウイルスの影響で、ドイツやデンマークでも音楽イベント延期・中止を余儀なくされている。