NEWS
2020年06月23日 22時44分 JST | 更新 2020年06月23日 22時48分 JST

手越祐也さん「心がはちきれそう」。NEWS小山さんからのLINE明かす

「離れたけどNEWSの一番のファン」「NEWSが大好き」と、メンバーやファンへの愛を繰り返し強調した。

Aya Ikuta
手越祐也さん

ジャニーズ事務所との専属契約を終了したNEWSの元メンバー、手越祐也さんの緊急記者会見。「離れたけどNEWSの一番のファン」「NEWSが大好き」と、NEWSのメンバーやファンへの愛を繰り返し強調した。

 

NEWSに残る3人への思い

ジャニーズ事務所の退所については、3月にはチーフマネジャーら事務所関係者に伝え、その後メンバーにも報告していたという手越さん。

本来なら、その後に社長の藤島ジュリー景子氏に退所について相談する予定だったという。だが、新型コロナの影響で社長との話し合いが叶わないまま、4月下旬、緊急事態宣言の発令中に都内の飲食店への外出や飲み会の開催を一部の週刊誌で報じられ、芸能活動を自粛することに。弁護士を入れての話し合いになってしまったので、メンバーとその後話せなくなってしまったという。

退所が決まり、メンバーの小山慶一郎さんからはLINEが届いたという。

「今までありがとな。俺たちも手越の夢を応援してるから、これからもニュースのファンでいてね」

手越さんは「心がはちきれそうだった」と振り返り、「離れたけどニュースの一番のファンだし、ライブがあったら絶対に観に行かせてくれ」と返信したと明かした。

「大事なことは目を見て熱意を持って話したい。直接会って、ありがとう、ごめんな、というのは伝えたいと思っています」と、会見後に改めてメンバーに連絡したいと語った。

退所発表前日の6月18日にNEWSが出演したオンラインコンサートは、手越さんも見ていたという。

会見では「思い残すことは?」と質問されると、こう強調し、複雑な表情をのぞかせた。 

「いまだに、ジャニーズとNEWSのメンバーが大好き。春まで準備してきたSTORYのツアーは完走したいと思っていたので、後悔はないけれど、後ろめたさ、悔しさがある。葛藤もあったけれど、退所を決めて新しい人生にいく覚悟は男として深いところで持っていたので、戻るのは逆に失礼だと思った」