WORLD
2020年07月01日 15時45分 JST | 更新 2020年07月01日 16時01分 JST

香港版「国家安全法」で初の逮捕者。『香港独立』と書かれた旗を所持

「国家安全法」が可決されてから、初の逮捕者とみられる。

香港警察のFacebookページより
香港警察が投稿した写真

香港警察は7月1日、香港島の銅鑼湾(コーズウェイベイ)で、「香港独立」と書かれた旗を所持していた男を、「香港国家安全維持法」に違反した疑いで逮捕したと発表した。

香港で中国政府を転覆させる行為などを禁じる香港版「国家安全法」が6月30日に可決されてから、初の逮捕者とみられる。

香港警察は公式Facebookで、「不審な行動をとる男が、『香港独立』と書かれた旗を所持しているのを発見しました。男はその後、香港特別行政区における国家安全保障の保護に関する中華人民共和国法(国家安全法)に違反した疑いで逮捕されました」と報告。

7月1日は、香港の英国から中国への返還から23年目の記念日で、民主派団体は大規模な抗議デモを計画していた。銅鑼湾ではデモ隊と警察の衝突が起きており、警察はFacebookで「国家安全法に違反する可能性がある」として、集会を中止するよう警告した。

Twitterでも写真を投稿し、「法が施行されてから初めての逮捕です」と発表した。