honkon

ライターの西森路代さんとフードライターの白央篤司さんによる「食」をめぐるリレーコラム。第1回は西森さんがライターになるきっかけとなった香港映画との出会い、ウォン・カーウァイ『花様年華』の「不思議な感覚をもたらす食事シーン」に注目します。
台湾も香港も、水際対策は大幅に緩和される。ただし完全に「コロナ前」とは言えないようだ。
「パスポートを取り上げられ、車でシアヌークビルへ連れて行かれた。詐欺だと気づいたので車を飛び出し逃げた」。別の男性は3ヶ月間ミャンマーに留め置かれ、多額の借金を返済するまで離れることはできないと通告されたという
香港では上映どころか、タイトルを口にすることすらできないドキュメンタリー映画『時代革命』。あの時、何があったのか? 表現の自由が失われた国安法以降の香港社会で何を思うのか? キウィ・チョウ監督に聞いた。
「Mirror」は2018年にデビューした香港の男性12人からなるアイドルグループ。アイドルオーディション番組がきっかけで生まれ、香港では社会現象的な人気を誇っている
日本の言論空間で大いに注目された「香港民主派」。日本で活動する人はどんどん減少している。それはなぜか。彼らは何を思うのか。【2022年上半期回顧】
日本の言論空間で大いに注目された「香港民主派」。日本で活動する人はどんどん減少している。それはなぜか。彼らは何を思うのか。
「中国に笑われず、国際社会にも恥じないようにして欲しい」(日本ウイグル協会のレテプ・アフメット副会長)
「光復香港 時代革命」は香港の反政府デモなどで頻繁に使われていたスローガン。今回の裁判では、「国家分裂」を扇動するものかどうかが焦点のひとつだった。