honkon

「光復香港 時代革命」は香港の反政府デモなどで頻繁に使われていたスローガン。今回の裁判では、「国家分裂」を扇動するものかどうかが焦点のひとつだった。
表彰式で中国国歌である「義勇軍行進曲」が流れると、観衆からはブーイングが上がり、続いて「We are HongKong(私たちは香港だ)」というコールが巻き起こった。
東京大学大学院の阿古智子教授(現代中国論)「『中国のモデルがあって、西側はそれに対立している』と、二項対立的に考える必要は本来ありません」
周さんは重大事件の囚人が入るとされる大欖(たいらん)女子懲教所で服役していた。模範囚のため、6月に出所するという見方が広がっていた。
周さんはこれとは別に、2020年8月に国家安全維持法の疑いでも逮捕されているが、起訴はされていない。
ヘイトスピーチの現場でも日の丸や旭日旗が出現する。『自分は愛国者だ』と自認していれば本当に愛国なのだろうか。
真の愛国とは何を指すのか。香港事情に詳しいフリーライターの伯川星矢さんと、ネット右翼やアメリカのQアノンに対する考察を重ねてきた批評家の藤田直哉さんが語り合った。
香港に起きた大きな変化を、「予備知識なし」から分かるように、6分ほどでチェックしませんか。
選挙は今年9月に予定されているが、香港メディアによると22年9月に延期されるとの見通しもある。
予備知識なしから、5分でわかる。資産凍結や入国拒否なども可能とする法律だが...成立に向けてのハードルもある。