NEWS
2020年12月14日 18時51分 JST | 更新 2020年12月14日 20時37分 JST

GoToトラベル、全国一斉に一時停止。12月28日から1月11日まで

政府の新型コロナウイルス対策本部で、菅義偉首相が表明した。

時事通信社
菅義偉首相

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政府は12月14日、全国一斉にGoToトラベルの一時停止を行うことを決めた。12月28日から1月11日までの措置。政府の新型コロナウイルス対策本部で、菅義偉首相が表明した。

GoToトラベルをめぐっては、専門家や医師会らが感染拡大が続いている地域での一時停止を求めていた。

菅首相は対策本部で「現時点で全国の感染者数は高止まりの傾向が続き、様々な指標から見て感染拡大地域が広がりつつある」として、最前線で対応にあたる医療従事者の負担が増していると指摘。

「年末年始にかけてこれ以上の感染拡大を食い止め、落ち着いた年明けを迎えることができるよう最大限の対策を講じる」と述べた。

GoToトラベルは、すでに停止された札幌市と大阪市に加えて、東京都と名古屋市を目的地とする利用についても、12月27日まで一時停止する。出発分についても、利用を控えるよう求める。

さらに、12月28日から1月11日までは、GoToトラベルを全国一斉に一時停止する。その後は感染状況を踏まえて改めて判断するという。

また、年末年始の期間に営業短縮に応じた飲食店に対する協力金を、1カ月あたり最大60万円から最大120万円に引き上げると表明。医療従事者への支援もさらに拡大するという。

菅首相は国民に対しても「年末年始の帰省については慎重に検討していただき、みなさんが落ち着いた年明けを過ごせるよう協力をお願いしたい」と呼びかけた。

 

【UPDATE】 2020/12/14 20:15

首相コメントなどを加筆しました。