NEWS
2020年12月16日 18時15分 JST

DHC「回答すること特にない」在日コリアンへの差別批判受け 名指しされたサントリーもコメント

DHC広報部は16日午後6時ごろメールで回答。「ご依頼いただいた取材の件に関しまして、回答することは特にございません」とした。

化粧品大手の「DHC」は12月16日、吉田嘉明・代表取締役会長の名義で公式サイトに掲載された文章が「差別的だ」と批判を受けた問題で、ハフポスト日本版の取材に対しメールで「ご依頼いただいた取材の件に関しまして、回答することは特にございません」とした。

一方で名指しで批判されたサントリーは「基本的な考え方として、社会の一員として人権尊重の重要性を認識しております」と答えた。

この問題では「#差別企業DHCの商品は買いません」とするハッシュタグがTwitterで拡散し、日本のトレンド入りをしていた。

DHC公式サイトより
DHC公式サイトに掲載された文章

■両社の回答は

DHCは公式オンラインショップのサイトに「ヤケクソくじについて」という文章を掲載。吉田会長の名義で2020年11月に書かれたとされ、同じくサプリを手掛ける競合他社のサントリーについて、「CMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人です」とし、蔑称を用いた呼称を使い「ネットでは揶揄されているようです」と綴っていた。根拠は一切示されていなかった。

これに対し、Twitterでは「差別だ」などとする批判が相次ぎ、「#差別企業DHCの商品は買いません」というハッシュタグが拡散。日本のトレンド1位に入った。

ハフポスト日本版は、寄せられた批判への受け止めなどについてメールで問い合わせていた。DHC広報部は16日午後6時ごろにメールで回答。「ご依頼いただいた取材の件に関しまして、回答することは特にございません」とした。

一方でサントリーは、ハフポスト日本版の取材に対し「他社のホームページに書かれていることについて当社からコメントすることは差し控えさせていただきます」としたうえで「サントリーは人権方針を定めており、基本的な考え方として、社会の一員として人権尊重の重要性を認識しております」とコメントした。